石川昂弥選手2試合で3安打、中日スカウト「木製で打ってる方がスイングがいい」

石川昂弥

侍ジャパンU18代表の4番を打つ石川昂弥選手、この日は2試合で5打数3安打と木製バットで結果を出し、中日スカウトも高く評価した。

ずっと木で練習してきた

石川昂弥選手は「持ってきたやつです。ずっと木で練習してきた」と話し、愛知大会で敗退後は木製のマイバットを振り込んできたという。そしてその成果はすぐに表れ、この日の駒大との練習試合では4番サードで出場し、第1試合には1安打、第2試合には第1打席と第4打席にヒットを記録した。

第1試合のヒットはレフト前に、第2試合の第1打席は1回1アウト1,2塁の場面でセンター前ヒットを打ちチャンスを広げた。そして第4打席のヒットは逆方向のライトへの流し打ちだが、打球は外野手の頭を越し、タイムリー2ベースヒットとなった。木製バットでも逆方向へ伸びる打球を見せている。

この打撃に視察した中日の近藤スカウトは「木製で打ってる方がスイングがいい。きれいにスイングできているので十分対応できる」と話し評価をした。中日は地元の逸材として、奥川投手とのW取りを狙う。

石川選手はセンバツでも逆方向へのホームランを打っており、バットの押し込みの強さを評価されたものの、それが木製バットでもスタンドに放り込める力があるのかが注目されていたが、この代表ではそこが注目されると思う。また、引っ張っての鋭い当たりが見られるかにも注目をしたい。それを見せられれば、ドラフト2位指名は固くなり、ドラフト1位の声も出てくるかもしれない。

投手としては2試合目の8回から登板をしたものの、1回を投げて2安打1失点。「バテバテだった」と話した。センバツ優勝投手だが、肩のケガのリスクもあるし、もう投手としては投げない方が良いかもしれないと思う。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

視察した中日近藤スカウトも「木製で打ってる方がスイングがいい。きれいにスイングできているので十分対応できる」とうなずく出来栄え。2試合通算5打数3安打は、同じ東邦の熊田と並びチーム最多安打だった。

「小針コーチ(作新学院監督)から“当てにいってるから強く振れ”と言われ、インパクトで100%の感じで打てるようになってきた。低めの変化球にも対応できました」
第2試合は一塁で先発出場し、1点を追う7回に右翼線へ同点の適時二塁打。三塁を狙ってアウトになり、そのまま7回にマウンドに上がった。「7月の県予選で投げて以来のマウンドでした。投球練習は一応してきたんですが、走ってすぐ登板だったのでヤバかったです」。1イニングを2安打1失点。敗戦投手となった投球を、そう振り返った。


PAGE TOP