侍ジャパンU18代表の選手起用、26日壮行試合のスタメンを予想

侍ジャパンU18代表が駒澤大と練習試合を行い、選手の起用がやや見えてきた。

野手

野手は、遊撃手が多く、外野手が2人というメンバー構成で起用が注目されている。まずはこの日2試合のスタメンを見てみる。

1 センター   森敬斗   サード    熊田任洋
2 セカンド   坂下翔馬  セカンド   武岡龍世
3 ファースト  韮沢雄也  ショート   森敬斗
4 サード    石川昂弥  ファースト  石川昂弥
5 レフト    浅田将汰  ピッチャー  遠藤成
6 ショート   遠藤成   レフト    西純矢
7 ピッチャー  宮城大弥  センター   宮城大弥
8 キャッチャー 水上桂   キャッチャー 水上桂
9 ライト    鵜沼魁斗  ライト    横山陽樹

内野についてはショートは遠藤選手と森選手が務め、武岡選手はセカンド、韮澤選手はファーストなどを守っている。またサードも石川選手と熊田選手が、ファーストも韮澤選手と石川選手がスタメンで起用された他、森選手はセンターでも出場し、遠藤選手もピッチャーで登板をしていることから、まだかなり流動的と言える。

また、外野手は外野手登録の2人ではなく、森選手の他、浅田投手、宮城投手、西投手が入り、宮城投手と西投手は1戦目も登板の後に外野に入っている事から、打撃に定評がある浅田選手、足の評価も高い佐々木投手だけではなくこちらも流動的。特に、佐々木投手を野手として起用しなかった所から、佐々木投手はリリーフに専念する可能性が高いのだといえる。

打順は予想では、1番・武岡選手と4番・石川選手は固いかと見られたが、森選手が2試合ともスタメンで起用されていることから、森選手の打撃を高く評価しているものとみられる。また、この日は遠藤選手が2試合でタイムリー、熊田選手が3安打を記録、水上選手と韮澤選手もタイムリーを記録している。特に熊田選手がヒットでチャンスを作り、石川選手や遠藤選手が返すという形が見られ、熊田選手が1,2番で起用される可能性が高くなった。

投手

この日の投手陣の成績は次の通り。

1戦目
宮城大弥(興南)  3回3奪三振無失点
西純矢(創志学園) 3回4奪三振
林優樹(近江)   2回2奪三振
佐々木朗希(大船渡)1回1奪三振

2戦目
遠藤成(東海大相模)2回3失点
前佑囲斗(津田学園)2回無失点
池田陽佑(智辯和歌山)2回無失点
石川昂弥(東邦)1回1失点
飯塚脩人(習志野)1回無失点

3イニングを投げた宮城投手、西投手が先発ローテーション入りする事は確実で先発のもう1枚は前投手となりそうだ。また、リリーフ陣は林投手、池田投手、飯塚投手、佐々木投手と結果を残した。石川投手は厳しく、投げてもスペイン戦か南アフリカ戦という事になりそう。

26日のスタメン

ということで、ひとまず明日の壮行試合の打順を予想してみると、

1(三)熊田 左
2(二)坂下 左
3(中)森  左
4(一)石川 右
5(遊)遠藤 左
6(投)西  右
7(左)鵜沼 右
8(捕)水上 右
9(右)横山 右

ひとまず明日は、投手が入れ替わり立ち代わり投げると思うが、外野でのプレーや打撃も見たい選手がいると思うので、DHを解除したスタメンと予想。登板した投手が次々と外野に入っていく事になりそうで、打撃が期待される西投手、宮城投手、浅田投手と続いていくのではないかと思う。

その後は、前投手、林投手、飯塚投手、そして最後に佐々木投手という感じか。奥川投手が今日の状態で投げられそうなら、どこかで1イニングを投げるかもしれない。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧


PAGE TOP