東北楽天、石井GMが明日のU18代表壮行試合を視察、「フラットな目で投げるボールだけを見たい」

東北楽天の石井一久GMは、明日の侍ジャパンU18代表vs大学代表の壮行試合を視察する。アマチュアの試合を視察するのは、GMに就任して初となる。

大学生もフラットな目で

石井GMは「高校と大学のドラフト候補が一斉に見られる。名前を見ずに、フラットな目で、投げるボールだけを見てみたい」と話し、注目される佐々木朗希投手や奥川恭伸投手だけでなく、森下暢仁投手だけでなく、他の投手についても注目をすると話した。

明日の試合は佐々木投手はリリーフでの登板となり、捕手との連携もまだできていない事から、6,7割の投球となりそうで、また奥川投手も甲子園激闘からまだ日にちが経っていない事から、昨年の吉田輝星投手と同様に壮行試合には登板しない可能性が高い。

それでも石井GMは、他の投手に注目をするとしており、高校代表では西純矢投手、宮城大弥投手だけでなく、前佑囲斗投手、浅田将汰投手、池田陽佑投手などをチェックし、大学代表でも4年生の吉田大喜投手などが目に留まる事になりそうだ。

石井GMは野手については、以前より「わからない」としており、スカウトに評価を任せている。ただし投手では、昨年のドラフト会議でも4位指名の弓削隼人投手、5位指名の佐藤智輝投手を、自分の目を信じて評価している。この秋も投手は石井GMの目に留まった投手が指名されることになりそうで、注目したい。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧
侍ジャパン大学日本代表メンバー(2019)
東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト会議

アマチュアの試合を視察するのは、昨年9月の就任以来初で、ドラフト1位指名の有力候補に挙げている大船渡高・佐々木朗希投手(17)、星稜・奥川恭伸投手(18)、明大・森下暢仁投手(22)らを生チェックする。「高校と大学のドラフト候補が一斉に見られる。名前を見ずに、フラットな目で、投げるボールだけを見てみたい」とも話しており、隠れた逸材の発掘にも意欲を示している。


PAGE TOP