佐々木朗希投手が血マメでノースロー、奥川投手もノースローでU18W杯の投手起用は?

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース 侍ジャパン

侍ジャパンU18代表の佐々木朗希投手は、壮行試合で右手中指に血マメができ、この日の代表合宿最終日はノースローとなった。

登板未定へ

佐々木朗希投手は大学代表との壮行試合で先発をしたものの、1回の途中に指を見るしぐさをしていた。その時点で血マメができ、1回を投げ終えた後にベンチで医師が診察して、本来は2イニングの登板を予定していたが、1イニングでも降板となった。

この日の代表合宿最終日、佐々木投手は奥川投手と共にノースロー調整で、外野を二人並んで走っていた。血マメについて聞かれると「大したことないです」と話し、「投げている分には違和感はありません」と話した。

ただし、血マメが出来たとすると、状態や治療法等により治療までに1週間はかかる事もある。今後について代表の平川コーチは「こういう状況なので、当面はノースロー調整になると思います」と話し、この日は平川コーチと佐々木投手、そして奥川恭伸投手と3人で面談をおこなった。W杯では柱の存在となる二人を交えて、どのような登板をしていくのかを話し合ったとみられる。

奥川投手も甲子園での登板の疲労があり、8月22日の決勝戦以降は登板をしていない。投球開始の時期について聞かれると、「分からないです。スタッフと話し合いながらなので」と話したが、「少し不安もありますが、やるしかない」と心境について語った。

代表は今日、韓国に渡り、29日から練習を再開するとみられるが、29日に奥川投手が投球を開始したとして、1日のアメリカ戦に間に合わすのは難しいとみられる。また、2日の台湾戦、3日のパナマ戦も、宮城投手、西投手、前投手に託す可能性もある。佐々木投手については、万全を期してスーパーラウンドからリリーフ登板を期待、幸いにも飯塚投手が非常に素晴らしい投球を見せている事から、余裕をもって行けるかもしれない。

逆にW杯で優勝を狙うのであれば、グループリーグは奥川、佐々木抜きで勝てるくらいが必要かもしれない。そして決勝では奥川投手、佐々木投手が良い状態で投げられれば、災い転じて福となす、初優勝を手にできるかもしれない。

登板予想

日付内容先発リリーフ待機
  30日グループリーグ 対スペイン石川昂弥浅田池田
  31日グループリーグ 対南アフリカ遠藤成浅田池田
9月 1日グループリーグ 対アメリカ宮城大弥浅田池田飯塚
   2日グループリーグ 対台湾西純矢浅田池田飯塚奥川
   3日グループリーグ 対パナマ前佑囲斗池田飯塚佐々木
   4日空き  
   5日スーパーラウンド奥川恭伸(104球以内)池田飯塚佐々木
   6日スーパーラウンド宮城大弥(104球以内)池田飯塚佐々木
   7日スーパーラウンド西純矢池田飯塚
   8日決勝・3位決定戦奥川恭伸飯塚佐々木

※球数制限 1日で50球以上投げると中1日、105球以上を投げると中4日、3日連続で登板した場合は中1日の休養が必要

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント