中京大中京が優勝、150キロ右腕・高橋宏斗投手に巨人、ソフトバンクスカウト高評価

中京大中京, 印出太一, 高橋宏斗, 松島元希, 中山礼都, 西村友哉

健大高崎との対戦となった中京大中京は、4-3と1点をリードした6回から、今大会で150キロを記録しているエースの高橋宏斗投手が登板し、4回をノーヒットに抑えて頂点に輝いた。

147キロ左腕が先発

中京大中京はこの日、3連投になる右のエース・高橋宏斗投手ではなく、左から147キロの速球を投げる松島元希投手が先発した。5回までを投げて7安打3失点と何とか粘りに見せて試合を作ると、6回からは高橋投手が登板する。

高橋投手は「今日はスピードも球の走りもいまひとつだったので、打たせて取る投球をした」というように、球速はこれまでの2試合のように140キロ後半は出ず、最速は145キロだった。9回まで4イニングで奪三振は0個、しかしノーヒットに抑えた。スライダー、そしてこの秋に習得したというカットボールを駆使し、12アウトのうち9個が内野ゴロと、打たせて取るピッチングを見せる、別のスタイルのピッチングを見せた。

この投球に視察した福岡ソフトバンクの山本スカウトは「ひと冬越えるのが楽しみ。来年のドラフトで中心になってくる」と評価し、巨人の青木スカウトも「東海大会より球持ちがよくて、空振りも取れている。右打者のアウトローにいい球筋で真っすぐを投げられるし、スライダーも腕が振れている」と分析し「体の強さもあるし、伸びしろを感じる」と話した。また、印出太一捕手、中山礼都選手、西村友哉選手などについても「体も大きいし、冬を越して楽しみ」と中京大中京のナインを注目すると話した。

センバツ制覇へ

中京大中京は初夏合わせて11度の甲子園優勝を誇るが、明治神宮大会はこれが初優勝となった。今年のセンバツでは同じ愛知の東邦が優勝し、センバツ5度の優勝、通算56勝とした。中京大中京は優勝4度、通算55勝で、来年春のセンバツでは通算勝利数で東邦を越え、優勝回数で再び並ぶことを目指す。

これで来年のセンバツ出場枠は東海地区に与えられることになり、3校目が出場できる。東海大会準優勝の県岐阜商は出場当確、ベスト4にはともに静岡の加藤学園と藤枝明誠が入っている。藤枝明誠は中京大中京に8回コールドで敗れており、県岐阜商にサヨナラで敗れた加藤学園が有力となりそうだ。

センバツ出場有力校と注目選手
明治神宮大会(2019)高校の部の出場チームと注目選手

ソフトバンク山本スカウトは「ひと冬越えるのが楽しみ。来年のドラフトで中心になってくる」と期待を込めた。

プロから注目される身長183センチの最速148キロ右腕は、4-3の六回から2番手で登板。この日は最速145キロを計測したが、直球の走りがいまひとつだと感じた。打たせて取る投球に徹し、4回を無安打無失点。1点差を守り抜いた。

初の栄冠がかかった大一番で、高橋宏は「修正力」を発揮した。1点リードの6回から2番手でマウンドに上がり、4回を投げノーヒットピッチング。「夏に愛知大会の準決勝で負け、一番高いところに目標を設定した」と初優勝の胴上げ投手となった喜びをかみしめた。

中京大中京が接戦を制し、初優勝を飾った。1-2の三回に4安打を集中させ、一挙3得点で逆転。先発の最速147キロ左腕・松島元希投手(2年)と最速148キロ右腕・高橋宏斗投手(2年)のリレーで高崎健康福祉大高崎を振り切った。

今夏は愛知大会準決勝で甲子園大会に出場した誉に敗戦。6回1/3を5失点だった高橋宏は「直球一本だったので、変化球をもう一回、覚え直そう」とカットボールを習得した。今春センバツは東邦が、全国最多となる5回目の優勝、56勝を記録した。優勝4回、55勝の中京大中京にとって、ライバルに上を行かれた形だ。

 


PAGE TOP