甲子園交流戦、スポーツ紙各紙が注目選手を紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

開催が決まった甲子園交流戦、スポーツ紙各紙が注目選手を紹介している。

スポンサーリンク

明石商の中森、来田選手注目

スポーツ紙が掲載している甲子園交流戦の注目選手一覧はこちら

西日本スポーツでは、明石商の151キロ右腕・中森俊介投手を最も脚光を浴びるとし、ドラフト会議でも1位候補に挙がるとした。また中京大中京の150キロ右腕・高橋宏斗投手、履正社の145キロ右腕・岩崎峻典投手の名前も挙げた。

九州では大分商の川瀬堅斗投手も147キロの速球を投げ注目されるとしたほか、日本航空石川の嘉手苅浩太投手、健大高崎の橋本拳汰投手、天理の達孝太投手が190cmの長身投手として注目し、白樺学園の片山楽生投手と智弁和歌山の小林樹斗投手もスケールが大きいとする。

左腕では中京大中京の松島元希投手が164cmながら147キロの速球が光り、健大高崎の下慎之介投手、明徳義塾の新地智也投手が制球力が武器とする。

打者では高校通算53本塁打の西川僚祐選手、44本塁打の山村崇嘉選手、昨年のU18代表の鵜沼魁斗選手、そして加藤響選手のいる東海大相模の「156発カルテット」を注目とした。

他にも、花咲徳栄の47本塁打スラッガー・井上朋也選手、明石商の29発・来田涼斗選手、履正社の小深田大地選手、大阪桐蔭の西野力矢選手、星稜の内山壮真選手、県岐阜商の佐々木泰選手、智弁学園2年の前川右京選手も楽しみな存在とする。そして中京大中京の中山礼都選手と、仙台育英の入江大樹選手をプロ注目遊撃手とした。

サンケイスポーツでも、明石商の中森投手を世代NO.1投手とし、中京大中京の高橋投手を将来性豊かとしている。野手では東海大相模の山村選手、花咲徳栄の井上選手、明石商の来田選手の名前を挙げている。

スポニチでも明石商の中森、来田選手をドラフト上位候補とし、中京大中京の高橋投手、中山選手にプロのスカウトが熱視線を送っているとしている。履正社もエース・磯脇投手、元阪神の関本賢太郎選手を父に持つ関本勇輔選手、小深田大地選手、池田凛選手など実力のある選手がそろっているとした。他には健大高崎の下投手、星稜の内山捕手、花咲徳栄の井上選手を注目選手とした。

スポーツ報知でも明石商の中森、来田選手を筆頭格とし、中京大中京の高橋投手も筆頭格の一人とした。他に履正社の岩崎投手、智弁和歌山の小林投手、天理の達投手など近畿に好素材が集まるとした。

打者では花咲徳栄の井上選手、東海大相模の西川、山村選手、大阪桐蔭・西野選手の長打力が光るとしている。

スポーツ紙各紙の甲子園交流戦注目選手
中止となった第92回センバツ高校野球大会に代わる、「2020年甲子園高校野球交流試合」が行われる。スポーツ紙各紙も注目選手をリストアップした。6月11日更新!
甲子園高校野球交流戦の出場校と注目選手一覧(2020)
甲子園高校野球交流戦の開催が決定しました。出場するチームと注目選手を紹介します。
センバツに出場する注目投手、センバツ最速を目指す投手たち
センバツ出場校が出そろい、大会に登場する選手が注目される。投手では中京大中京・高橋宏斗投手、明石商・中森俊介投手、智弁和歌山・小林樹斗投手、大分商・川瀬堅斗投手がBIG4となりそうだ。
センバツに出場する注目野手、世代NO.1を目指すスラッガー
センバツ出場校が出そろい大会に登場する選手が注目される。野手では明石商・来田涼斗選手、東海大相模・西川僚祐選手、花咲徳栄・井上朋也選手、履正社・関本勇輔選手、星稜・内山壮真選手などが注目される。
ドラフト候補 甲子園でのプレーは絶好のアピールの場 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 【見どころ】1試合という限られた機会ながら、ドラフト候補にとっては絶好のアピールの場となりそうだ。
最速150キロ中京大中京のエース高橋、明石商・中森&来田ら注目…センバツ代替試合開催
 日本高野連は10日、大阪市内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で史上初めて中止になった第92回センバツ高校野球大会の代替試合「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を甲子園球場で開催す
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント