沖縄県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

沖縄県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

沖縄尚学の永山蒼投手は、昨年夏の甲子園にも登板した投手で、177cmから141キロを記録する。北山高の仲宗根アレキサンダー海吏投手は、182cm85kgの体を磨き、142キロを記録するまで球速を伸ばしてきた。体の大きさと成長度合いから将来が期待される。

興南の西里颯選手は、下級生からレギュラーとしてプレーし、甲子園でもプレーした。足のある選手で、投手としても140キロを記録する肩も魅力の遊撃手。沖縄尚学の島袋晧平選手も高い身体能力の遊撃手で、守備のセンスを評価されている。

その他の選手

浦添工の萱原佑季投手は、180cmから139キロの速球を投げ、SNSでその練習の様子などを公開しながら成長している。本部高の川田莉空投手は、184cmの右腕で140キロを超すストレートを投げる。

沖縄水産の右の石川愛斗投手と左の古波蔵悠悟投手も共に140キロを投げ、美里工も右の大城稜真投手は144キロを記録、左の與古田美月投手も横の角度があるキレの良い球を投げる。沖縄工の宮里伸太郎投手も独特なフォームから135キロの速球を投げ、嘉手納の新垣翔也投手も130キロ後半の速球を投げる。

野手では美里工の4番・富島力斗選手は、177cm88kgの左の大砲で、痛烈な打球を打ち注目を集める。八重山の西表夢叶選手は、計測会で三段跳び、遠投、100mでトップとなった高い身体能力を持つ。

2年生では興南の山城京平投手が、174cmの左腕投手でまだ線は細かったが143キロを記録する。島袋洋奨投手のような感じになるかもしれない。1年生では沖縄尚学の仲宗根大斗投手が、中学時に180cmから138キロの速球を投げ、U15代表でプレーしている。2年後のドラフト注目投手となるか。

2020年度以降-高校生-沖縄県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント