龍谷大平安・奥村真大選手、最後は木製バットで2安打、ヤクルト・広島・阪神など5球団視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

龍谷大平安が京都府高校野球のブロック大会、Aブロック決勝で京都成章に7-0で勝利し、優勝を決めた。

スポンサーリンク

木製バットで4試合出場

龍谷大平安の奥村真大選手は、この日も木製バットを手にし、1回2アウト1塁の場面で、ライト線へ2ベースヒット、また3回も2アウトからレフト前ヒットと、広角に2本のヒットを打った。

木製バットで試合に出場していくことで、「クイックの投手に対応するため、足を上げず見極めて打った」と話し、打撃も少しづつ変化した。しかし初戦では宣言通りの木製バットでのホームランも打ち、納得する結果を出せた大会となった。

この日は5球団のスカウトが視察に訪れた。

東京ヤクルト・阿部スカウト:「上のステージに行くために木のバットに徐々に慣れている」

広島・鞘師スカウト:「素材としての評価ですね」

プロ一本と明言をする奥村選手は、明日から提出が始まるプロ志望届を提出し、8月末の甲子園で行われるプロ志望高校生の合同練習会に「参加するつもりです」と話した。

合同練習会でも木製バットで、全国から集まる好投手から結果を残し、最後のアピールを見せたい。

京都府高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
京都府高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この試合は5球団のスカウトが視察。兄が在籍するヤクルト・阿部スカウトは「上のステージに行くために木のバットに徐々に慣れている」。広島・鞘師スカウトは「素材としての評価ですね」という。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント