創価・森畑侑大投手が1イニング三者三振、巨人・楽天など6球団視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

東京NO.1右腕との呼び声も高い、最速146キロの創価高・森畑侑大投手が登板し、1回を投げて三者三振を奪い貫禄を見せた。

スポンサーリンク

進学志望も6球団視察

森畑投手は、184cmの身長から最速146キロの速球を投げる。初戦も登板する予定だったものの、試合が5回コールドで終わり登板の機会がなかったが、この日も3回まで16-0となり5回コールドの可能性が高くなった中で、最終の5回に登板をさせた。

ストレートは最速は142キロも、球の力が増し、強そうなストレートを投げ続ける。高めに大きく外れたり、キャッチャーミットの位置には、12球中で半分くらい。それでも「少し逆球が行ってしまったが、ボールのキレ自体は良かった」と全て空振りで3三振を奪った。

森畑投手は大学進学を希望しているが、この日は東北楽天、巨人など6球団のスカウトが視察に訪れた。

巨人・青木スカウト:「体が太くなって、真っすぐの力強さが増した印象」

東北楽天・部坂スカウト:「角度もあり、球速以上に感じる。空振りも取れていて、とても楽しみな投手です」

4年後は大学のエースとしてドラフト候補として注目されている事は、間違いなさそうだ。まずは今年、この大会で優勝し東京NO.1右腕として大学に進みたい。

西東京都高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
西東京都高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

最速146キロ右腕も、現時点では大学進学を希望している。この日は141キロ止まりだったが、視察に訪れた楽天・部坂俊之スカウトは「角度もあり、球速以上に感じる。空振りも取れていて、とても楽しみな投手です」と期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント