上田西・高寺望夢選手が攻守でアピール、中日編成部長が評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

プロ志望高校生合同練習会では、ショートを守った上田西の高寺望夢選手が、守備と打撃でピールした。

スポンサーリンク

守備の中では目立っていた

最初に行われたシートノックでは、ショートで細かいステップワークと正確な送球を見せ、その送球も強い球が送られていた。また、フリー打撃では逆方向への当たりも含めてしっかりと対応し、その打球も外野のフェンス付近に到達するなど、ひと伸びがある打球だった。

高寺選手に中日の松永編成部長は「守備の中で目立っていた。打撃も柔らかくなっている」と話した。

高寺選手は高校通算31本塁打を放つ長打力もあるが、この日は対応力をテーマにしていたのかもしれない。今日のシート打撃では強く叩く当たりでアピールをしたい。

プロ志望高校生合同練習会の参加選手一覧
8月29日、30日(甲子園)、9月5日、6日(東京ドーム)で行われるプロ志望高校生合同練習会の参加選手の一覧です。西日本会場の注目選手/東日本会場の注目選手
プロ志望高校生合同練習会の注目選手は?【東日本会場編】
プロ志望届を提出した高校生が、プロ・大学・社会人・独立リーグの関係者に自らのプレーをアピールするための、プロ志望高校生合同練習会への参加者が発表された。注目選手を挙げてみる。東日本会場編です。 西日本会場編はこちら
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

フリー打撃でも鋭い当たりを連発させ、51人が視察したNPBスカウト陣も高評価。中日・松永編成部長は「守備の中で目立っていた。打撃も柔らかくなっている」と評し、存在感は際立っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント