合同練習会、東海大甲府の渡部海夢選手に広島スカウト統括、巨人が注目

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

プロ志望高校生合同練習会では、東海大甲府の渡部海夢選手がフリー打撃で2本の柵越えを見せ、広島の苑田スカウト統括と巨人の榑松スカウト次長が評価をした。

打撃抜群

渡部海夢選手は東海大甲府の主砲で、昨年秋に3本塁打を放ち注目されている。

この日は外野守備では肩の強さは見せたものの、投げ方がスムーズではなくやや課題も見せたが、打撃では強く引っ張らなくてもスタンドに2本を放りこみ、この日1番のセンスを見せた。

「プロ志望届を出して、結果を出さないと、というプレッシャーを感じながら緊張感がありました。」と話したものの、「自分の持ち味は伸びる打球で、今日は自分のスイングができ、スタンドインできたのは良かった」と話した。

中学時代は小園海斗選手と同じチームでプレーしており、広島の苑田スカウト部長は「ノーステップでボールの捉え方が一番うまい。変化球も打てるのでは」と評価した。

また巨人の榑松スカウト次長は、山梨の独自大会から注目をしており、「あれだけバットを振れるのは大きな魅力。飛距離が出ますね」と評価した。

今日のシート打撃でも同じようなスイングで飛距離を見せれば、打撃に特化した形で評価され、ドラフト会議での指名につながる可能性があると思う。

プロ志望高校生合同練習会の参加選手一覧
8月29日、30日(甲子園)、9月5日、6日(東京ドーム)で行われるプロ志望高校生合同練習会の参加選手の一覧です。西日本会場の注目選手/東日本会場の注目選手
プロ志望高校生合同練習会の注目選手は?【東日本会場編】
プロ志望届を提出した高校生が、プロ・大学・社会人・独立リーグの関係者に自らのプレーをアピールするための、プロ志望高校生合同練習会への参加者が発表された。注目選手を挙げてみる。東日本会場編です。 西日本会場編はこちら
2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

広島苑田スカウト統括部長は「ノーステップでボールの捉え方が一番うまい。変化球も打てるのでは」と評価。巨人榑松スカウト部次長も「飛距離が出ますね」と好印象だった。

スタンドで視察した巨人の榑松伸介スカウト部次長は今夏の山梨大会(代替大会)も足を運んだと明かすと「あれだけバットを振れるのは大きな魅力」と話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント