148キロ左腕の横浜高・金井慎之介投手、日本ハムが視察し「関東NO.1」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

横浜高校が6日に全体練習を始め、プロ注目の148キロ左腕・金井慎之介投手が今年の意気込みを語った。

スポンサーリンク

プロ入りは明言せず

金井慎之介投手は今年でのプロ入りについてはっきりと明言はせず、スポーツ紙でも今年、高校卒でのプロ入りを目指す、としているところもあれば、将来的にプロ入りを目指す、と書いているところもある。しかし、それでも、この日は北海道日本ハムの坂本スカウトが視察したが、「素材、資質は関東ナンバーワン」と高く評価をしている。

金井投手は2年時で148キロを記録しており、秋も注目された。しかし、左肘の靭帯を痛めており、東海大相模戦でもわずか6球で降板するなど、アピールをすることはできなかった。

しかし、昨年12月まで3ヶ月間ノースローを続け、その間に下半身を鍛えると、投球を再開後にはリリースが安定し、「ケガをしたことでより変わった自分をまた春から見せられたらなと。ある意味楽しみ」と話す。村田監督も「怪物じゃないですけど、すごい形で戻せたらな」と期待をしている。

冬休み期間に、高校OBのプロ野球選手がグラウンドを訪れ、自主トレを行った。その中で楽天の涌井投手の走り姿に、「意識の違いを感じました。黙々と自分の練習メニューに取り組み、近寄りがたい雰囲気さえありました」と話す。また楽天の藤平投手に言及し、「質の高い真っすぐを投げる投手。自分も、球速より打者が体感として打ちづらい直球を意識しています」と話した。

横浜高校からは、2019年に及川雅貴投手(阪神)、2020年に松本隆之介投手(横浜DeNA)が、共に150キロに到達し、ドラフト3位でプロ入りをしている。金井投手も「下半身でフォームをつくって、いいボールを投げられるようにしたい。150キロは出したい」と話した。

今年は高校生投手が注目されているが、金井投手も「世代を代表するような選手として名前が出てくるように」と、この世代の投手たちに負けるつもりはない。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。1月17日のスポーツ報知のリストを反映しました。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。

将来の目標はプロ。憧れのOBに、楽天・藤平の名を挙げる。「質の高い真っすぐを投げる投手。自分も、球速より打者が体感として打ちづらい直球を意識しています」。横浜は、一昨年が及川雅貴(阪神)、昨年は松本隆之介(DeNA)と連続で左腕エースがドラフト指名を受けた。同じ道を志す金井が、春までにどれだけの進化を遂げるか楽しみだ。

偉大なOBたちを目の当たりにし、高卒プロ入りの目標へ気持ちを高めた。昨年末には村田浩明監督と同期の楽天・涌井ら現役プロ選手が自主トレのため母校を訪問。「見ていても近寄りがたいというか、そういった雰囲気があったので。意識も変えていかないといけない」と黙々と調整する姿を目に焼き付けた。

約3カ月のノースロー期間で下半身を強化し、リリースの安定には手応えがある。視察した日本ハム・坂本スカウトは「素材、資質は関東ナンバーワン」と評価。名門のエースとして飛躍を目指す。

昨秋に左肘靱帯(じんたい)を痛めたが、約3カ月間のノースロー期間を経て12月からキャッチボールを再開。「ケガをして、他の高校生が投げているのを見て悔しい思いだった。下半身でフォームをつくって、いいボールを投げられるようにしたい。150キロは出したい」と意気込んだ。

プロ注目の横浜・金井が始動 涌井ら先輩姿勢に刺激 - 高校野球 : 日刊スポーツ
横浜(神奈川)が6日、横浜市内の同校グラウンドで始動した。プロ注目の最速148キロ左腕・金井慎之介投手(2年)は、ランニングやキャッチボールなどで調整した。昨… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント