今日センバツ発表で吉報待つドラフト候補、193cm146キロ右腕・天理高の達孝太投手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今日、センバツ高校野球大会の出場校が発表される。ドラフト候補として注目される天理高校の達孝太投手は「だいぶドキドキします」と心境を明かした。

スポンサーリンク

193cmから146キロ

達孝太投手は193cmから最速146キロの速球を投げる。昨夏の甲子園交流戦では広島新庄との試合で9回に登板し、1イニングをノーヒット2奪三振に抑えた。物足りない2年生の夏となったものの、今年のドラフト候補として注目される投球だった。

28日にブルペンで登板をした達投手、「だいぶドキドキします」と話し、今日のセンバツ発表を待つ。天理は昨秋の近畿大会でベスト8入り。準々決勝で準優勝をした大阪桐蔭に破れた。順当に行けば6番目として選出されそうだが、その大阪桐蔭に7回コールドで負けている。ただし奈良大会では、近畿大会で優勝した智弁学園に勝利して優勝をしている。

達投手は選出された時の目標として、「150キロを達成できたら。桐蔭を倒したい。当たるまでは負けられない」と話し、秋のリベンジをするつもりだ。出場することになれば、今大会も注目投手の一人になることは間違いなく、今年のドラフト候補としても非常に注目される存在となる。

2021年センバツ出場予想と注目選手
秋季高校野球大会が全て終了し、明治神宮大会のない今年はこれで主な高校野球の大会が終了した。来年のセンバツ出場チームの予想をと紹介をします。
2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト上位候補の193センチ右腕・達孝太の天理は選出なるか 発表前日に「ドキドキします」
 第93回センバツ高校野球大会(3月19~31日・甲子園)の出場校を決める選考委員会が29日、オンラインで開かれる。一般選考の28校と21世紀枠4校の計32校を選出する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント