センバツ出場の専大松戸が紅白戦、吉岡道泰選手が2安打、深沢鳳介投手は6回2失点

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場する専大松戸がこの日、紅白戦を行うと、ドラフト候補に名前の挙がる吉岡道泰選手が2安打の活躍を見せた。エース・深沢鳳介投手も6回2失点。

スポンサーリンク

高校通算8本塁打

吉岡道泰選手は江戸川中央シニアでスラッガーとして注目された選手。専大松戸でも1年生から出場し、ホームランを放つなど活躍を見せており、ドラフト候補としても名前が挙がる。

昨年は新型コロナの影響もあってなかなか試合ができず、高校通算本塁打は8本にとどまっているが、この日は4番レフトで出場すると、4打数2安打と結果を残した。「当たりは良くなかったが、スイングの感触は良い。甲子園では本塁打を打ちたい」と話した。

181cmで体重もかなり増えていると思うが、50m6.0秒の足もある選手。ホームランはヒットの延長で、とも話す選手で、外野の頭を越える打球と全速力で2塁打を打つようなタイプ。このオフは「スタートの体重移動やカーブでもスピードを落とさず曲がる走り方を身につけた」とベースランニングの技術を磨き、長打の数を増やすことを目指す。

また、エースの深沢鳳介投手は6回を投げて2失点、この日はワインドアップを試したが、「球の勢いを出すためにチャレンジしました。コントロールがバラついたので修正していきたいです」と話した。スリークォーターからのキレの良い速球を投げ、2019年に千葉ロッテに4位で指名された横山陸人投手に近い。後は130キロ台のストレートを140キロ台に上げて行ければ、プロも注目する投手になってくる。

センバツでどのくらいの体になっていて、どのくらいの球を投げるようになっているか楽しみ。

【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
専大松戸高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今春センバツに出場する専大松戸が11日、同校グラウンドで紅白戦を行った。今秋のドラフト候補で高校通算8本塁打の吉岡は「4番・左翼」で4打数2安打。「当たりは良くなかったが、スイングの感触は良い。甲子園では本塁打を打ちたい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント