日体大、145キロ右腕・筒井恒匡投手が4年連続ドラフト指名なるか

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

日体大は、今年のエース候補として注目される145キロ右腕の筒井恒匡投手が注目される。

スポンサーリンク

3年連続でプロ入り

日体大は、2018年にエースの松本航投手が埼玉西武のドラフト1位で指名、東妻勇輔投手が千葉ロッテの2位で指名されると、2019年には吉田大喜投手、2020年には森博人投手がそれぞれ東京ヤクルト、中日にドラフト2位で指名された。150キロを越す球を投げるエース投手がおり、3年連続でプロ入りをしており、注目されている。

今年は筒井恒匡投手がエース候補として注目される。松本工出身でその時は最速は139キロだったが、現在は180cm83kgの体から145キロを記録している。昨年12月には中止となったものの侍ジャパン大学代表候補合宿のメンバーに選ばれており、実力が評価されている。

しかし、日体大では1年生で入学した時から150キロ台を投げる投手がリーグ戦で登板をしており、「ここでは150キロを投げられないと、マウンドに立てないと思っていた」と話し、筒井投手も球速アップを目指す。

日体大は恒例の久米島キャンプが中止となり、学校で強化合宿を行っている。筒井投手もこの日はブルペンでストレート、フォークなど60球を投げた。プロ志望など進路の話しは出ていないが、投手を指導する辻コーチは「この時点で制球に苦しむことがなく、フォークは彼ら4人と比べて一番いい」と、プロに進んだ4人よりもフォークが良いと評価した。

日体大は左の鳥谷部慎吾投手も4年生となる。筒井、鳥谷部の左右エースでリーグ戦を戦えれば、昨秋に続いて連覇も期待できるし、プロのスカウトも大勢が足を運ぶ事になりそうだ。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年の侍ジャパン大学代表候補合宿参加メンバーが発表された。合宿は12月4日から12月6日まで松山坊ちゃんスタジアムで行われる。

長野・松本工高時代3年夏は3回戦敗退チームで、最速も139キロだった。松本と同期の3年先輩のロッテ・東妻勇輔、2年上のヤクルト・吉田大喜、1つ上の中日・森博人の各右腕は最速が150キロ以上だっただけに、入学時は「ここ(日体大)では150キロを投げられないと、マウンドに立てないと思っていた」と笑顔で振り返りつつ、180センチ、83キロで最速145キロの直球中心に昨秋首都リーグで1勝した後は先輩投手らに追いつけを目標にしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント