【センバツ】速球派投手がそろう関西勢に、東海大相模・石田隼都投手、専大松戸・深沢鳳介投手野関東勢が立ち向かう

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツの組み合わせ抽選が来週23日に行われる。速球派の実力のある投手がそろう関西勢に対し、関東の好投手がどのように立ち向かうか。

スポンサーリンク

関東の好投手

今年のセンバツは、152キロの速球を投げる市和歌山の小園健太投手を筆頭に、大阪桐蔭の154キロ右腕・関戸康介投手、151キロ左腕の松浦慶斗投手、他にも智弁学園の小畠一心投手、天理の達孝太投手などが注目される。

一方で関東でも常総学院の秋本璃空投手と大川慈英投手が145キロ以上を記録し、東海大菅生の本田峻也投手も143キロ左腕として注目されるが、東海大相模の石田隼都投手、専大松戸の深沢鳳介投手も好投手として期待される。

東海大相模の石田投手は、昨夏の甲子園交流戦で、3年生が中心となったチームが多い中で2年生で甲子園の先発のマウンドを踏んだ。対戦相手はこれまで甲子園で対戦のなかった大阪桐蔭で東西対決と注目されたが、石田投手はアップテンポの投球で7回6安打8奪三振2失点と、強打の大阪桐蔭を抑えた。試合は石田投手が降板してから逆転を許し2-4で敗れたが、強打の大阪桐蔭を抑える好投は印象的だった。

昨秋も石田投手は速いテンポで抑える投球を続け勝ち上がった。勝てばセンバツ出場確実となる関東大会準々決勝の東海大甲府戦でも8回まで無失点の好投を見せたが、9回1アウトから2点を奪われたサヨナラ負けを喫した。

センバツ出場がギリギリだったと思うが出場が決まり、「出場したことで目に見える目標として意識することができた。不安な気持ちもあったが選ばれる気持ちで練習してきました」と安堵の表情を見せるとともに、「甲子園を経験した2年生で引っ張り、ここに戻ってきて、優勝できるように頑張りたい」と誓った。

また、専大松戸の深沢鳳介投手も右サイドからの130キロ中盤の速球と変化球のコンビネーションが抜群で、関東大会では2試合連続完封をしている。石田投手とともに、関西勢の速球派投手に対して、どんな投球を見せるのか、非常に楽しみだ。

【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
東海大相模エース・石田 悔しさ糧に…3度目聖地で成長した姿見せる - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)の出場32校が1月29日に決まった。東京・関東地区の出場枠は6校で、最後の枠を昨秋、東京都大会準優勝の日大三と関東大会8強の東海大相模(神奈川)で争った。当日は午後3時30分から出場校が発表され、記者は神奈川県相模原市にある東海大相模で“その時”を待った。
「今思い出すと…恥ずかしい」今センバツ最高齢・持丸監督が振り返る“若き日の勘違い”【専大松戸】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇センバツ連載「春に光れ」 専大松戸を率いる持丸修一監督は出場32校の監督で最高齢となる72歳。2015年夏以来、9度目の甲子園での指...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント