2021センバツ出場、東海大甲府の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は東海大甲府高校。

東海大甲府の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:猪ノ口絢太外野手・2年

180cmと大きいが50m6.0秒の俊足を持ち、ミートできる打撃で確実性がある。1年秋は3番で32打数15安打、1本塁打、2盗塁を記録、センバツでは1番を打つ可能性がある。三拍子揃った選手として注目したい。

注目度B:赤井海人投手

177cmの外野手で、50m6.0秒の足と遠投100mの肩があり、投手としても143キロを記録する。身体能力の高さを投手・野手としてプレーで見せられるか注目したい。

注目度C:若山恵斗投手

最速139キロを投げる173cmの左腕投手。関東大会では細田学園、東海大相模をそれぞれ9回1失点に抑える好投を見せた。すぐにプロと言う感じではないが、大学などを経て頭角を現しそう。

注目度C:加藤太陽投手

中学時代にジャイアンツカップ準優勝の173cmの左腕投手、若山投手に力では劣っていないので体を強くして特徴を出したい。

注目度C:三浦諒太捕手

169cmと小柄だが、遠投115mの強肩でセカンドまで1.9秒台の送球をする。打撃が課題でまずは確実性を高めたい。

注目度C:木下凌佑外野手

身体能力は他の選手に比べて高いとは言えないが、昨秋は25打数14安打で打率.560を記録、9四死球と選球眼がよく、盗塁も決めるなどセンスの高さで不動のレギュラー。

注目度C:木下芳風一塁手

183cm85kgの体がある右のスラッガー、昨秋は公式戦は1打席のみだがファーストの練習をしており出場すればスイング力に注目したい。

注目度C:後藤紘和三塁手

遠投115mの肩があり、飛びついて捕球してから鋭い送球を一塁に送るファインプレーが特徴。フットワークを磨いて将来はショートを守れる選手になりたい。

注目度C:中沢空芽遊撃手

50m6.0秒の俊足に遠投100mの肩のある遊撃手、昨秋は無失策と安定している。

注目度C:久井竣也一塁手

チームの主軸、強い打撃で昨秋は5番を打ち、打率も.414と高い。東海大相模戦で逆転サヨナラタイムリーを放つなど勝負強さが光る。

注目度C:宮本泰成内野手

50m6.1秒の足と遠投100mの肩がある。秋は控えだったが、出場して身体能力の高さを見せたい。

チーム

若山投手、加藤投手などの左腕が好投を続け、3点以内に抑える試合がほとんど。捕手の三浦選手がリズム良い投球を引き出している。内野手の動きを見ていても、全国クラスの動きを見せており、センターの2年生・猪ノ口選手は守備範囲の広さが光る。

その猪ノ口は長打も打てる選手だが、確実性の高い打撃とパンチ力のある1番バッターとして起用されそうで、チームに勢いをつけられるか。主軸の木下凌選手、久井選手はランナーを置いて結果を出してくれる選手。秋に2割台前半のバッターもおり、1番から9番までという打線ではないが、秋に控えだった木下芳選手などが長打力で相手に怖さを与えられれば楽しみ。

投手は2点前後に抑え、打線は9点前後を奪えるし、1点を争う試合も経験している。投打で今大会屈指というような選手はいないが、高い戦力を持ったチームだと言える。

東海大甲府高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント