【センバツ】1回戦の好選手対決をピックアップ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

組み合わせが決まったセンバツ高校野球大会、1回戦の好選手の対決を挙げてみます。

スポンサーリンク

好選手同士の対戦

1日目

145キロを投げる神戸国際大付・阪上翔也投手と、左腕の北海・木村大成投手がいきなり対戦となる。阪上投手はセンターとして出場する可能性もあるが、投げ合えば、いきなりプロ注目投手同士の投げ合いが予想される。木村投手vs阪上選手の対決や、阪上投手vs宮下朝陽選手の対決は注目。

第2試合の1回戦屈指の好カード、147キロの変化球投手・伊藤樹投手や秋山俊選手、吉野蓮選手といった強打者の並ぶ素質十分のチームに、初戦のチームは徹底的に分析されて攻略される明徳義塾の馬渕監督と、制球に狂いの無い技巧派長身左腕・代木大和投手がどのような攻めをしてくるか。

第3試合は小澤周平選手、綱川真之佑選手、森川倫太郎選手、堀江晃生選手など、ホームランを量産する選手が9番まで並ぶ健大高崎に、昨年ほとんどが1年生で勝ち上がった下関国際がどのように立ち向かうか。

2日目

第1試合は天理の達孝太投手が登場、150キロの計測も視野に入れるが、宮崎商の長打力のある遊撃手・中村碧人選手との対戦が注目される。第2試合は140キロ近い球を投げる三島南の前田銀治選手と、鳥取城北のスラッガー・畑中未来翔選手の対決が楽しみ。

第3試合は東海大対決。昨年の関東大会でも対戦し、9回に逆転で東海大甲府が勝利したが、8回まで無失点に抑えていた石田隼都投手がリベンジを果たすか。

3日目

第1試合は21世紀枠同士の対戦だが、具志川商には144キロの球を投げる新川俊介投手、八戸西には143キロを投げる188cmの福島蓮投手がおり、こちらもプロ注目対決。

第2試合は昨秋の九州大会決勝のカードが再現、大崎の139キロ右腕・坂本安司投手と福岡大大濠の140キロ左腕・毛利海大投手の投げ合いが注目される。

4日目

第1試合の市和歌山vs県岐阜商は1回戦屈指の好カード。152キロ右腕・小園健太投手vsプロ注目の高木翔斗捕手、左腕・野崎慎裕投手&右腕・松野匠馬投手vsプロ注目捕手・松川虎生捕手と、バッテリー対決が非常に楽しみ。両捕手は今年のドラフト候補として非常に高い注目をされており、この試合の出来が、最終的にドラフト会議での指名順にも影響するかもしれない。

第2試合は昨秋の近畿大会決勝カード。151キロ左腕・松浦慶斗投手&154キロ右腕・関戸康介投手vs智弁学園・前川右京選手の対決、また、小畠一心投手vs池田陵真選手、宮下隼輔選手の対決は非常に楽しみ。

5日目

第1試合は143キロ左腕の東海大菅生・本田峻也投手と、聖カタリナの145キロ右腕・櫻井頼之介投手の投げ合いが注目される。

第3試合は常総学院の2枚看板・秋本璃空投手と大川慈英投手vs大島正樹選手の対戦が注目される。また、敦賀気比は2年生エースの上加世田頼希投手が投げると思うが、常総学院も坂本駿投手、伊藤地宏投手と2年生の投手も注目されている。

6日目

中京大中京の151キロ右腕・畔柳亨丞投手vs専大松戸のスラッガー・吉岡道泰選手の対戦が注目。専大松戸の深沢鳳介投手も右スリークォーターからのキレのある球を投げ、関東大会で2試合連続完封をしており、投手戦の可能性もある。

2021センバツ高校野球大会の対戦カードと注目選手一覧
3月19日から行われるセンバツ高校野球大会の、対戦カードと注目選手の一覧です。
【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント