北海の145キロ左腕・木村大成投手が6回無失点、144キロ記録し千葉ロッテスカウト「面白い存在」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場する北海高校は、この日は作新学院と練習試合を行った。前日の武相戦に続いて登板した木村大成投手が、6回無失点と好投した。

スポンサーリンク

144キロ記録

2016年の夏の甲子園決勝で戦った北海高校と作新学院が、練習試合を行った。先発したのはエースで145キロ左腕の木村大成投手、武相戦に続いての連投となったが、「フォームのバランス、球の質などはきょうの方が全然よかった」と話すとおり、6回を投げて無失点、毎回の7奪三振と好投を見せた。

「真っすぐで相手を押せて、カウントが有利になって。自分の理想のピッチングに少しずつ近づいている」と手応え十分だった。視察した千葉ロッテの榎チーフスカウトも「スライダーもいいし、直球も強い。クロスファイアがいい。高校生ではなかなか打てない。面白い存在」と評価した。

センバツではかなりの好投が期待される。その投球で評価が1段階も2段階も上がってくるかもしれない。

なお、この日の試合は8回まで北海が1-0でリードしていたが、9回に作新学院が2点を奪いサヨナラで勝利した。2016年夏のリベンジとはならなかった。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021センバツ出場、北海高校の注目選手
センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は北海高校。

テンポ良く、臆せず打者の懐を突けるマウンド度胸も満点だ。ロッテ・榎チーフスカウトは「スライダーもいいし、直球も強い。クロスファイアがいい。高校生ではなかなか打てない。面白い存在」と評価した。

今秋ドラフト候補の北海・木村 甲子園V経験校・作新学院相手に6回0封7K/デイリースポーツ online
 「練習試合、作新学院2-1北海」(7日、作新学院グラウンド) 今秋ドラフト候補で最速145キロ左腕の北海・木村大成投手(3年)が強豪・作新学院相手に堂々の投球を披露した。練習試合が解禁された6日の武相戦に続いて先発し、6回無失点。「フォームのバランス、球の質などはきょうの方が全然よかった」と毎回の7奪三振に斬った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント