智弁学園・前川右京選手が打撃不調も意地のタイムリーヒット、巨人・阪神・中日が視察し「高校の左打者ではトップクラス」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

センバツに出場する注目スラッガー、智弁学園の前川右京選手が関大北陽との練習試合に出場し、3打数1安打2打点と意地で結果を残した。

スポンサーリンク

不調

前川右京選手はこの日、第1打席が二塁ファールフライ、第2打席が四球、第3打席がサードフライという内容で、「バッティングが全然。フォームもバラバラだし、スイングの軌道、ミートポイント、全部がズレていた」と話す。小坂将商監督も「前川は重症ですね。打たないと、ホームランを打ちたいという気持ちが強すぎて、スイングV字になっている」と指摘した。

それでも、7回1アウト2,3塁の場面で「バットが出てこないような重い感じがあった。少し軽いバットにして、コンパクトに行こう」とチームメイトからいつもよりも軽めのバットを借りて第4打席に立つと、センター間へに弾き返し、2打点を挙げた。3打数1安打2打点だった。

「何かがずれている、ここから少しでも上げていけるようにやっていきたい。甲子園までに仕上げるため、一打席を大事にしていきたい」と話し、小坂監督もトス打撃やロングティーの練習で、スイング軌道を修正する方針と話した。

スカウトは高評価

それでもこの日視察した巨人・阪神・中日のスカウトの評価は上々で、阪神・山本宣史スカウトは「スイングも打球も高校生の左打者ではトップクラス。センバツで大阪桐蔭の投手にどう対応するかを見たい」と話した。

甲子園では左のNO.1スラッガーとしての活躍を見たい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021センバツ出場、智弁学園の注目選手
センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は智弁学園高校。

この日は巨人、中日など3球団が視察。阪神・山本宣史スカウトは「高校生の左打者ではトップクラス。選抜で大阪桐蔭の投手にどう対応するかを見たい」と一線級投手との対戦が目安になるとした。

それでも阪神・山本スカウトは「スイングも打球も高校生の左打者ではトップクラス。センバツで大阪桐蔭にどう対応するか見ていきたい」と評価は不変。1年時から逸材と言われてきたスラッガーの不振脱却に期待を寄せた。

3打席目までは二飛、四球、三飛と振るわず。力みがちだった調子を変えたのは7回から。「コンパクトにいこうと思って」と自身のバットより軽めという竹村日向内野手(2年)のバットを借り、1死二、三塁から中堅に2点適時打を放った。「公式戦でもしない」という試みが奏功。その中でも甘い球を打ち損じる場面もあり「何かがずれている、ここから少しでも(状態を)上げていけるようにやっていきたい」。センバツ初戦となる大阪桐蔭戦は、22日。ベストコンディションを探り、本番にぶつける。

小坂将商監督(43)も「前川は重症ですね」と苦笑いだった。「打たないと、ホームランを打ちたいという気持ちが強すぎて、スイングV字になっている」と指摘。そのうえで選抜大会までにトス打撃、ロングティーなどの練習を課し、スイングの軌道を修正する方針を示した。14年選抜大会出場時、岡本和(巨人)も大会前は調子を崩していたが、1回戦・三重戦(三重)の第1打席でバックスクリーンに本塁打を放ち、評価を不動のものとした。普段から「飛ばす力は岡本より上」と評する前川への期待は大きい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント