大阪桐蔭、2年生右腕・川原嗣貴投手を抜擢し勝利、11球団16人スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

春季近畿大会の大阪桐蔭vs綾羽戦、大阪桐蔭のに下に監督は、関戸康介投手、松浦慶斗投手などプロ注目投手がいる中で、2年生の188cm右腕・川原嗣貴投手を先発に起用した。

スポンサーリンク

139キロ

大阪府大会でも、松浦投手はベンチ入りせず、関戸投手はリリーフで投げており、決勝戦で先発して7回無失点の好投を見せた川原嗣貴投手が、この日も先発した。先発を告げられると、「やるぞと気合が入った」と話す。

その期待通り、188cmからの角度のある球は、横浜DeNAのスカウトのスピードガンで最速139キロを記録、スライダー、カーブ、スプリットなどを交え、6回5安打2失点も9つの三振を奪う力投を見せた。西谷監督は「経験を積ませたかった。要所でうまく、丁寧に投げていた」と話した。

この日は11球団16人のスカウトが集まる注目度の高い試合で好投し、来年のドラフト候補として名乗りを挙げた形となった。2年生の別所孝亮投手が川原投手の後を受け、2回1安打4奪三振無失点、9回に141キロ右腕の西川音羽投手が3点を失ったが、7-5で逃げ切った。

関戸投手の登板が無く、視察したスカウトも残念がったと思うが、松浦、関戸に次ぐ投手を経験させる事ができ、持っている力はそれぞれ高い。

2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
春季近畿大会の組み合わせ決定、大阪桐蔭154キロ右腕・関戸康介投手、智弁和歌山・徳丸天晴選手など注目
22日から滋賀県で行われる春季高校野球近畿大会の組み合わせが決定した。復調気味の大阪桐蔭・関戸康介投手や、智弁和歌山の徳丸天晴選手、中西聖輝投手、智弁学園の前川右京選手などが注目される。
2021年度-近畿のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

試合前のメンバー発表で先発を告げられ、「やるぞと気合が入った」という。DeNAスカウトのスピードガンで最速139キロ止まりでも、1メートル88の長身から角度ある直球とスライダー、カーブ、スプリットなどを駆使して5安打に封じ、9三振を奪った。

大阪桐蔭の2年生右腕・川原が粘投で白星発進 松浦&関戸登板せず/春季近畿大会
 春季高校野球近畿大会(22日、大阪桐蔭7-5綾羽、皇子山)1回戦が行われ、大阪桐蔭は綾羽(滋賀1位)に勝利。先発した2年生右腕・川原嗣貴投手が6回を投げ5安打2失点と粘投した。力のある直球にスライダーなどの変化球を織り交ぜ、三回までは6奪三振を奪うなどパーフェクト投球。四回に先頭から3連打を浴びて1点を失い、六回も無...
【高校野球】大阪桐蔭の2年生右腕・川原嗣貴が6回2失点9Kの好投「自分の投球ができた」
 大阪桐蔭が綾羽に快勝し、29日の準決勝に進出した。川原嗣貴(しき)投手(2年)が6回5安打2失点9奪三振と好投。7回から登板した2番手の別所孝亮投手(2年)も、2回を1安打無失点4奪三振に抑えた。1
大阪桐蔭・川原が好投で貢献、成長は夏の好材料に「丁寧に投げた」西谷監督 - 高校野球 : 日刊スポーツ
プロ注目で最速147キロ右腕の智弁和歌山・中西聖輝投手(3年)が9回3安打9奪三振完封で勝利に導いた。10球団15人のスカウトが視察する前で圧倒した。大阪桐蔭… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント