愛工大名電・田村俊介選手が決勝三塁打で阪口楽選手との対決制す、中日スカウト「打力は頭一つ抜けている」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

春季高校野球東海大会が開幕し、愛工大名電vs岐阜第一の試合は延長12回、田村俊介選手のタイムリー3ベースヒットで決着した。

スポンサーリンク

二刀流対決

この試合は愛工大名電で二刀流の田村俊介選手と、岐阜第一の阪口楽選手の、ともに投手も務める左のスラッガー対決が注目された。

試合は、岐阜第一で先発した阪口楽投手が、7回まで愛工大名電打線を1失点に抑えていたものの、8回に3点を失い4-4の同点に追いつかれた。試合は延長に入り11回まで決着がつかず、延長12回に突入した。

その12回、ノーアウト1塁で打席に入った愛工大名電の田村選手は、阪口投手のスライダーを叩いてライトオーバーのタイムリー3ベースヒットを打ち、ここで172球を投げた阪口投手は降板する。その裏を無失点に抑えた愛工大名電が試合を制した。

田村選手は、12回の前までの阪口投手との対戦を振り返り、スライダーで空振りをしていた事から、「感触は悪くなかった。次もスライダーで来ると思った」と冷静に配球を読んだ。「いい感じで振れた。阪口は有名で名前も知っていたので少し意識したけど、自分のプレーをすることを心掛けた」と話した。

対する阪口選手はこの日は5打数ノーヒットで3三振、145キロ左腕の田村投手は登板しなかったものの、寺嶋大希投手など4人の投手が登板した愛工大名電投手陣が抑えた。阪口選手は「実力の問題。実力のなさがはっきりと分かった。夏まで1カ月半、鍛えたい」と涙を拭いた。

この日は多くの球団が視察に訪れたが、中日・清水スカウトは「警戒されている中でも、ちょっと甘くなると持っていく。打力は頭一つ抜けている」と打撃を高く評価した。

高校通算28本塁打の田村選手、高校通算23本塁打の阪口選手には、これからもスカウトが注目を続けそうだ。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東海のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
春季東海大会の組み合わせ決定、岐阜第一・阪口楽選手、148キロ右腕・竹山日向投手など注目
20日から三重県で行われる春季高校野球東海大会の組み合わせが決定した。岐阜第一・阪口楽選手や享栄の148キロ右腕・竹山日向投手などが注目される。

 視察した中日・清水スカウトは「警戒されている中でも、ちょっと甘くなると持っていく。打力は頭一つ抜けている」と高評価した。今大会は背番号8を着ける二刀流。まずは野手で能力を示した。

186センチ、87キロの左打ちの強打者。最速143キロ右腕としては被安打12、172球の熱投だったが、プロのスカウトが注目する高校通算23本塁打の打撃は5打数無安打3三振だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 阪口のこの成績でもこれからもスカウト注目するもんなんですか?