夏の高校野球・神奈川大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球神奈川大会、センバツ優勝の東海大相模や、プロ入りする選手の多い横浜高だけでなく、その他の高校にも楽しみな選手が非常に多い。ドラフト1位指名クラスの選手はいないが、ドラフト注目度はAとしたい。

スポンサーリンク

地区

昨秋は東海大相模が優勝、関東大会はベスト8で、関東の最後の枠でセンバツ出場をしたものの、センバツでは見事に全国制覇を達成した。準優勝の鎌倉学園、ベスト4に横浜と桐蔭学園。

春も東海大相模が優勝し、準優勝に桐光学園が入った。ベスト4に日大藤沢と横浜。

投手・野手の層が厚く、東海大相模が優勝候補筆頭となるが、横浜、日大藤沢、桐光学園なども好選手が揃い、互角に近い所にいる。桐蔭学園や横浜商も選手が揃っていて追いかける形。

注目選手

東海大相模の石田隼都投手は、状況によって投球スタイルを変えてくるが、センバツの時のように気迫を込めて力を入れた時は、146キロの速球が速いと感じる。得意の変化球はブレることなく大体正確に入ってくる。まだ潜在能力もありそうな投手で、進路が注目される。

同じく東海大相模の大塚瑠晏選手は、ショートの守備は高校生トップクラスは間違いない。スピード、打球への入り方から送球までのつながりも素晴らしく、全てに余裕を感じさせる。1番バッターとして小柄だが強くする打撃がもっと伸びてきたら、ドラフト上位にもなったかもしれないが、この夏は打撃でアピールをしたい。

日大藤沢の柳澤大空選手は181cmの外野手で、足と肩の良い選手。そして高校通算18本を超すホームランを放つが、バットに乗せてリストの強さで運ぶ感じで、木製バットでどこまで強いスイングで運べるかがポイントになりそう。まずは三拍子揃った身体能力の高さを評価したい。

その他の選手

桐蔭学園は中学時代から注目された木本圭一選手、松下歩叶選手が注目されるが、181cm85kgの遊撃手・松下選手は足とともに打撃の強さでも将来を本当に期待させる。大木選手の対応力の高い打撃も只者ではない。183cm85kgの恵まれた身体の左腕・中本統一投手は、もっと力があるのではとも思ってしまうが、最後の夏の投球をしっかりと見届けたい。

横浜高校は最速147キロを記録する183cmの左腕・金井慎之介投手が、本来であれば注目選手としてドラフト指名確実にレベルにいてほしかったが、制球の課題が克服できなかった。現在は投球よりも打撃のほうが信頼感が高いが、大型左腕として開花することを期待したい。安達大和選手は走攻守に優れた選手で主将としての姿勢もすばらっしい。中学時から注目の立花祥希捕手も2秒を切る送球がありレベルが高い。投手でも山田烈士投手、宮田知弥選手、2年生の左腕・佐竹剛義投手、安藤岳投手なども140キロ前後の球を投げ、投手陣の層も厚い。

東海大相模は春はエース・石田投手をほとんど投げさせず、石川永稀投手、2年生の求航太郎投手、武井京太郎投手などが登板した。石川投手は144キロの速球を投げ、他校なら間違いなくエース。野手は柴田疾選手が180cm86kgの大型内野手で、まだポテンシャルがありそう。小島大河捕手も二塁まで1.9秒台の正確な送球ができ、打撃の良い門馬功選手や、身体能力の高い金城龍輝選手などがそろう。

桐光学園は181cm84kgの右腕で148キロの速球を投げる中嶋太一投手が注目。一気にブレークという感じではなく、徐々に徐々に成長をして148キロまで伸ばしてきた。夏には150キロにも到達しそうで、あとは0封などピリッと締める投球でアピールしたい。高校通算22本塁打を放つ1番バッターの寺井雄人や、1主軸として強打を見せている2年生の篁哲郎選手も楽しみ。2年生の針谷隼和投手も力強い球を投げる。

立花学園は計測機器を用いた育成で、永島田輝斗投手が150キロに到達した。パンチ力のある内野手の濱田蓮選手も注目したい。横浜創学館の山岸翠投手も181cm82kgから145キロの速球を投げる。慶応高は180cm78kgの左腕・荒井駿也投手が145キロを記録する。他にも田中瑞希投手、前田智徳氏の次男の前田晃宏投手も130キロ後半の速球を投げる。

横浜商大高の池田史音投手も187cm85kgの右腕投手で、最速145キロを記録。スケールの大きさが楽しみ。2年生の浜田大翔投手もすでに140キロを超す速球を投げて期待されている。横浜商も179cm79kgの山口塁投手が144キロを記録、187cm97kgの畠山翔選手、183cmの藤崎素哉選手など大型スラッガーも注目されそうだ。日大藤沢は176cm80kgの清水虎太朗投手が144キロを越し、投手の柱となる。

向上高の猿山広輝投手は伸びのあるストレートと鋭いスライダーが魅力。三浦学苑の上村海斗投手は投げては142キロ、打っては通算29本塁打を記録する。平塚学園の安達斗希捕手は二塁まで1.88秒の強肩捕手、光明相模原の町田隼乙捕手は185cm81kgのスケールがあり、1番バッターをして高い出塁率を記録する。相洋の二宮巧磨選手は大型遊撃手として活躍に期待したい。

鎌倉学園の増島佳祐投手は137キロの速球を投げる。寒川高には3年生で137キロ右腕の高橋零投手と、2年生で138キロ右腕の小松羅加投手がおり、速球派の2枚看板として注目したい。

1,2年生も東海大相模、横浜、桐蔭学園、平塚学園、横浜商大高などを中心にすでに活躍している選手もいるが、桐蔭学園2年生の相澤白虎選手は打撃、スピード、守備の三拍子揃った選手で、森敬斗選手(2019年DeNA1位)、今年の候補の松下選手に続く逸材。

2021年度以降-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント