夏の高校野球・三重大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球三重大会、ドラフト上位クラスという選手はいないが、プロが注目する左右の本格派投手、捕手や遊撃手にも好選手が多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は三重高校が優勝、松阪商が準優勝、ベスト4に海星と白山が入った。春は津商業が優勝し、津田学園が準優勝、海星と松阪商業がベスト4入り。

松阪商と海星が安定しており、三重高、津商、津田学園が絡む形で、白山、菰野、宇治山田商、桑名工などが追いかける形か。

注目選手

三重の高校生投手のTOP2に、津田学園の窪田勇成投手と、白山高の町健大投手が挙がる。窪田投手は181cm79kgの右腕で、最速は145キロを記録する。まだ実績としては十分とは言えないが、投げる雰囲気や球の質などを見ると、2019年にドラフト4位でオリックスに指名された前祐囲斗投手に近いものがある。町投手は185cm97kgの大型左腕で、こちらも144キロの重い速球を投げる。春季大会のこの二人の投げ合いには複数球団のスカウトが集まり、ともに評価された。

さらにもう一人、菰野の池田翔紀投手は181cm83kgの左腕投手で、球速が140キロに到達した、身体のある左腕投手で更なる成長も期待できそうで、この夏にどこまで伸ばせるか注目したい。菰野はセカンドまで1.8秒台の肩が光る大洞蓮斗捕手も、フットワークの良い選手。

また三重高校の品川侑生選手は、177cm76kgの遊撃手で、振り抜きが良く広角に長打を打てる打撃で高校通算24本塁打、ショートでの軽快な動きにプロのスカウトも注目している。

その他の選手

三重高校では181cm80kgの右腕・堀田琉生投手も140キロの速球に威力がある。左の軟投派・尾崎凌矢投手も秋に海星戦で好投するなど、相手が嫌がる投手。津田学園も182cm82kgの140キロ右腕・上野隼希投手も将来性十分。サイドハンドから130キロ中盤を投げる越智晴也投手、白山の町投手からホームランを放った神田剛志選手の2年生も楽しみ。

三重海星も140キロを投げるリリーバーの水谷光希投手と、安定した守備を見せる加藤亨基捕手が注目される。松阪商は捕手の北村音湧選手が、177cm86kgの身体から強烈な打球を放ち、投げても130キロ後半の速球でリリーフ登板する。135キロ右腕の高山公平投手も打者としても活躍を見せる。

宇治山田商は捕手の三浦航司選手は184cm84kgの大型捕手で、フットワークが良く、スローイングも安定している。外野手の西山慶選手は182cm78kgの左腕投手としても楽しみな選手。ショートの小椋真斗選手も守備に定評があり確実な打撃を見せる。1年生の前田拓音選手は、智弁和歌山との招待試合でバックスクリーン弾を放ち話題となった。

いなべ総合は制球力の良いエースの泉琉麻投手が試合を作り、控えに138キロ左腕の宮川昂矢投手と135キロ左腕の中村元投手が待機し、更に190cmの2年生右腕・後藤真之介投手も登板機会があれば楽しみ。

津商業の出口慶人選手は春は5試合全てを完投したスタミナがあり、130キロ中盤の速球と変化球を巧みに操り打ち取る投手。桑名工業は170cmの左腕で144キロを記録する三輪紘暉投手と、178cmの右腕で140キロの球を投げる松下琉雅投手の2枚看板がいる。

白山の稗田悠人選手は174cm90kgの身体から高校通算30本を超すホームランを放っている。高田高の茂知野翔耶選手は、春に4試合連続の5本塁打を放ち、大いに注目された。176cm95kgの右のスラッガー。

他に下級生では、近大高専の1年生・池田禄紀選手が春に4番で起用され、いきなりホームランを放った。181cmの左腕投手としても期待したい。2年生では四日市中央工業の津波英太郎投手も180cmの右腕投手で、きれいなフォームが特徴。球速が出てきたら面白い。

2021年度以降-高校生-三重県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント