夏の高校野球・高知大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球高知大会、参加するチームも24校と少なく、全体的に注目選手は少ないものの、ドラフト1位指名確実の投手やいろいろなタイプ・経歴の注目選手がいる。来年、再来年の候補に注目されそうな選手もおり、スカウトが何度も足を運ぶ事になる地区。ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は明徳義塾が優勝しセンバツに出場した。高知が準優勝、ベスト4に高知中央と土佐塾が入った。春は高知が優勝、高知中央が準優勝し、ベスト4に土佐と高知商。

明徳義塾と高知が2強で、そこに戦力が揃う高知中央が加わる。高知商、土佐塾、土佐などが優勝争いに絡むか。

注目選手

高知高の森木大智投手は、中学時代に軟式で150キロを記録してから注目をされ続け、その中で最速154キロと順調に成長をしてきた。まだ投球で磨かれていない所はあるものの、まだポテンシャルもありそうで、日本を代表する選手へ成長してほしい。

また高知高校では杉村優妃投手も180cm76kgの右腕で最速は147キロを記録する。隣に森木投手がいる環境で、気持ちで負けずに成長を続けてきた。チームも森木に頼らないことを目標に杉村投手をよく育てた。変化球やコントロールに課題があるが、将来的に楽しみな投手。

明徳義塾の代木大和投手は184cm74kgの左腕投手。球速は130キロ後半だが、フォームのバランスや腕の振り、そして高めに浮かないコントロールなどを総合的に評価され、プロのスカウトが注目している。次のステージで球速が145キロを越えてくるようになれば、手がつけられなくなるかもしれない。

もう一人、将来性を評価したいのが高知商・竹内太一投手。186cm81kgと恵まれた体があり、まだ下半身に弱さがあり球速は141キロ止まりだが、もっと伸ばせるはずだ。大学などで大きく成長を見せてくれそうな投手。

その他の選手

明徳義塾は主将の米崎薫暉選手は遠投125mの強肩選手、捕手の加藤愛己選手も二塁まで1.9秒を記録し、186cm81kgの畑中仁太選手も130キロ後半を記録する大型投手。また2年生に180cm右サイドハンドの矢野勢也投手が130キロ後半の速球を投げ、左サイドハンドの吉村優聖歩投手も力強い球を投げる。俊足2年生の井上航輝選手に、春に4番を打った1年生の寺地隆成選手など、楽しみな選手が大勢いる。

高知高校も左腕の高橋克弥投手は130キロ中盤の速球を投げ、リリーフとして待機する。主将の吉岡七斗選手の強打を中心に得点を挙げられるか、2年生で中学時代から注目されているスラッガーの高橋友選手に期待が集まる。

高知中央は、170cm80kgの遊撃手・板谷朋生選手がスピード感あるプレーを見せ、投げても144キロの速球を見せる。他にも台湾からの留学生・陳愷佑選手が内外野を守り、こちらも144キロを記録する他、171cm右腕の吉村稔貴投手も143キロ、転向して今年5月から公式戦出場が解禁となった柳原虎太郎投手も、178cm68kgの体から143キロの速球を投げる。2年生の井上陽翔投手も130キロ中盤の速球を中心に安定感が抜群で、強力投手陣で2強に挑む。

土佐塾の寺田啓悟投手は両投げの投手で右から136キロを記録する。高知追手前の岡林留生投手は169mと小柄だが136キロの速球に力がある。中学時代に森木投手とチームメイトだった梼原高の小川竜輝投手も力がある。

高知商の土居彩人選手は、1番バッターとして俊足を見せ、投手としてもキレのあるストレートとスライダーを投げて抑える。土佐高校の浜松圭太選手は俊足の内野手で、1番バッターとして駆け回る。

他に2年生では岡豊高の浜口颯一朗投手が、174cm65kgの右腕投手で130キロ後半の速球を投げ、来年の高知を盛り上げる存在になりそうだ。

2021年度以降-高校生-高知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント