修徳の床枝魁斗投手が10奪三振完封、巨人・中日・広島・日本ハムなど7球団が視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

修徳の146キロ右腕・床枝魁斗投手が、都立の強豪・雪谷高と対戦し、9回5安打10奪三振で完封勝利を挙げた。この試合には巨人、中日、広島、北海道日本ハムなど7球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

序盤は思い通りにならず

初戦で都立の強豪・雪谷との対戦となった修徳の床枝魁斗投手は「緊張して、思うようなボールが投げられませんでした」と立ち上がりから得点圏にランナーを背負った。

しかし、初回1アウト2塁から連続空振り三振を奪うと、2回1アウト1,3塁でもレフトフライ、空振り三振で得点を許さなかった。その後は落ち着きを取り戻し、140キロ前後のストレートが力強く、フォークボールで三振を奪った。5回以降は1安打に押さえて2-0で勝利、9回5安打10奪三振の見事な完封勝利だった。最速は143キロだった。

この試合には巨人、中日、広島、北海道日本ハムなど7球団のスカウトが視察をした。

広島・苑田スカウト統括部長:「力のあるボールを放っていた。フォークもいい。体も強そうだし、まだまだ良くなるのでは」

巨人・木佐貫スカウト:「馬力、スピードボールが魅力。ピンチになったら力を入れて、強弱をつけている感じがした」

180cm85kgの体も大きく感じられ、本格派右腕として育てていけそうな雰囲気を持つ。今後は150キロには届きそうな感じで、後はオーソドックスな右腕という所で、球威なのか、フォークボールなのか、どのように特徴を身につけていけるかという感じ。いずれにしても育てがいのありそうな投手だろう。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。

この日はプロ7球団が視察した。広島苑田スカウト統括部長は「力のあるボールを放っていた。フォークもいい。体も強そうだし、まだまだ良くなるのでは」と評価。巨人木佐貫スカウトは「ピンチになったら力を入れて、強弱をつけている感じがした」と話した。スピードガンでは、最速143キロだった。

中学時代は主に外野手で、高校入学後に荒井高志監督の勧めで投手に本格挑戦。2年間で球速が20キロアップした右腕を巨人、中日、日本ハム、広島のスカウトが視察。巨人の木佐貫洋スカウトは「馬力、スピードボールが魅力。今日は強弱(緩急)をつけて投げていた」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント