高野山高・渡辺大和選手が2打点、複数球団が視察しソフトバンクが高評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

和歌山の大砲・高野山高の渡辺大和選手が夏初戦を突破した。

スポンサーリンク

強さと柔らかさ

パワーと柔軟性がある打撃、高野山高の渡辺大和選手を見ると、その表現が適している。この日は4番サードで出場すると、1点を先制してなおも2アウト満塁の場面で打席に入ると、甘いストレートを振り抜き、あっという間にレフトに抜ける痛烈な打球で2点タイムリーヒットとなった。この日は2打数1安打2四球で2打点の活躍、試合も3-0で勝利した。

それでも渡辺選手は「真っすぐ狙いで、甘い真っすぐ。少し力みました。甘いですね」とホームランにできなかった事を反省し、伊藤監督も「1つ間違えば入ってたんですけどね」と苦笑いした。

渡辺選手には昨年夏からスカウトが注目をしているが、この日も複数球団のスカウトが視察した。その中で福岡ソフトバンクの稲嶺スカウトは「いい選手。右の大砲候補。打撃は柔軟性もある」と評価した。

渡辺選手は強烈なプロ志向で、「難しいかもしれませんが、ちょっとでも確率があるなら、と思ってます」と話す。和歌山では市和歌山の松川虎生捕手、智弁和歌山の徳丸天晴選手といった右の大砲が目白押しだが、渡辺選手に二人に並ぶ選手だと思う。

ドラフト会議では比較的高い順位で指名されてもおかしくないと思うが、今後、市和歌山や智弁和歌山などとの対戦で、さらに大勢のスカウトの前で結果を出したい。

2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・和歌山大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球和歌山大会、全体的な候補選手の数は少ないものの、ドラフト1位クラスや指名がほぼ確実な選手などがそろい、プロのスカウトも大勢視察に来ることになりそうだ。ドラフト注目度はA。

渡辺もわかっている。強烈なプロ志向。「難しいかもしれませんが、ちょっとでも(ドラフトにかかる)確率があるなら、と思ってます」。甲子園出場とともに、プロにアピールする打撃を狙う。この日、熱視線を送ったソフトバンクの稲嶺誉アマスカウトは「いい選手。右の大砲候補。打撃は柔軟性もある」と魅力を説明した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント