広島新庄・花田侑樹投手に巨人・ヤクルト・阪神・DeNAが評価、進路は「まだわからない」

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース メジャーリーグ 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

広島新庄が横浜に逆転サヨナラで敗れ、花田侑樹投手が高校野球を終えた。7回途中5安打無失点の好投に、巨人、東京ヤクルト、横浜DeNA、阪神、そしてMLBのロイヤルズのスカウトも評価をした。

スポンサーリンク

プロスカウトが高評価

147キロの速球を投げる花田侑樹投手は、センバツで力強いストレートを投げ、プロのスカウトが注目をしたものの、右肘の炎症を起こして、春は公式戦に登板しなかった。夏の広島大会では初戦のマウンドで3回6安打3失点とまだ調子を取り戻していなかった。

それでも徐々に投球を掴む。この日も最速は144キロで春ほどの球威は出せなかったものの、得意のカットボールにフォークボールを駆使して意識させ、横浜打線を6回まで無失点に抑えた。7回に先頭打者に四球を与えた所で降板したが、6回0/3を投げて5安打4奪三振と安定感を見せた。

この投球に視察をしているプロのスカウト、MLBのスカウトも評価をしている。

○東京ヤクルト橿渕スカウトグループデスク:「いい投手だと再認識した。ピンチでスイッチが入ると、内角へ直球も変化球もどんどん投げ込んでいて、さらに投げミスも少ない。勝てる投手の要素だと思う」

○横浜DeNA・河原スカウトグループリーダー:「持っている素材は素晴らしい。センスが感じられる。緩いボールを効果的に使って、丁寧に投げていた」

○阪神・山本スカウト:「球にキレがあったし、カーブやスライダーもキレがよく、制球も安定していた。広島大会の時よりよかった。体ができてくれば楽しみな素材です」

○巨人・渡辺スカウト:「投手らしい投手。インコースも突けていた。全体的な制球、キレ、バランスもいい。体ができてくれば、全体的にもっと上がってくる」

○ロイヤルズ・大屋国際スカウト:「肘から先をしっかりと立たせて球をリリースできるところが素晴らしい。腕の振りはまるでダーツを投げるようなイメージ。直球、スライダー、カーブなどいずれもキレのよさが目立っていた。将来的にはソフトバンク・東浜のように質のいい球を投げ込むローテ投手に成長していくことが期待できる。まだまだスタミナ不足で五、六回以降は球速がガクっと落ちたとはいえ、非常に楽しみな右腕だ。」

スタミナ面、そして球威のところで故障の影響があるものの、制球力、変化球、勝負強さなどの素質をプロ側が高く評価した。

まだわからない

試合は9回、2-0でリードしていたものの、横浜高校の1年生・緒方漣選手に逆転サヨナラ3ランを打たれ、突然の負けとなった。

春・夏の甲子園を経験することができた花田投手は「甲子園をずっと目標にやってきたので、いい結果になった。特別な場所。投げやすかった」と話した。

進路について聞かれると、「まだわからない」と話し、プロ志望や進学などは明言しなかった。進路の決断が注目され、プロ志望をすれば、ドラフト3位前後での指名が予想される。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト的甲子園注目カード【2日目】
ドラフト会議で注目されそうな選手を中心に、夏の甲子園大会の注目カードと、チェックしたい選手を紹介します。今日は2日目の4試合から。

▽ヤクルト橿渕スカウトグループデスク(花田について)「いい投手だと再認識した。ピンチでスイッチが入ると、内角へ直球も変化球もどんどん投げ込んでいて、さらに投げミスも少ない。勝てる投手の要素だと思う」

▽阪神山本スカウト(花田について)「球にキレがあったし、カーブやスライダーもキレがよく、制球も安定していた。広島大会の時よりよかった。体ができてくれば楽しみな素材です」

▽巨人渡辺スカウト(花田について)「投手らしい投手。インコースも突けていた。全体的な制球、キレ、バランスもいい。体ができてくれば、全体的にもっと上がってくる」

広島新庄・花田君は肘から先をしっかりと立たせて球をリリースできるところが素晴らしい。腕の振りはまるでダーツを投げるようなイメージ。直球、スライダー、カーブなどいずれもキレのよさが目立っていた。

 将来的にはソフトバンク・東浜のように質のいい球を投げ込むローテ投手に成長していくことが期待できる。まだまだスタミナ不足で五、六回以降は球速がガクっと落ちたとはいえ、非常に楽しみな右腕だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント