150キロ左腕、北海の木村大成投手がプロ志望表明、中日が評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

北海高校の150キロ左腕・木村大成投手が、センバツに続き、神戸国際大付との対戦で好投をしたものの、1-2で敗れた。試合後にプロ志望を表明した。

スポンサーリンク

150キロ左腕

センバツのリベンジを目指して登板した神戸国際大付戦、最速は146キロを記録し、得意の大きなスライダーなどを駆使したが、2回に失った2点が大きく影響し、1-2で敗れた。

試合後に「同じ相手に甲子園で2度負けて本当に悔しいけど、最後に自分の力を出し切れて、悔いはない」と話す。3回以降はスライダー主体の投球で無失点に抑え、力を出し切った。平川監督も「コロナの影響もあった中で、大会で鍛えてここまできた。甲子園で素晴らしい投球をしてくれた」とエースをたたえた。

木村投手は「全道大会から周りに支えられてこの舞台に立てた。ここでいい投球ができたことは、これから先、上でやっていく上で自信になる」と話し、「3年間、プロを目指してやってきた。その思いは変わらない。」とプロ志望を明らかにした。

この日視察した中日の米村チーフスカウトは、「スライダー以外の決め球に課題はあるが、直球も制球もいい。春より体も大きくなっている」と話す。木村投手本人も、「自信があるのはスライダーだが波が激しい。そこの差をなくしていくことが、これからの課題」と話し、プロ入りまでの課題として、しっかりと視点を定めた。

球速以上に球の速さを感じる投手ではなく、スライダーもドロンとした感じ。それでも、インコースにコントロール良く差し込む球があり、大きな変化球とは別の動きをする変化球も織り交ぜる。

昨年夏から見ているものの、どんどん成長をしていく姿が印象的で、これからドラフト会議で指名され、来年春のキャンプインまでの間にも、さらに成長をしているのではないかと思える投手。ドラフト会議では左腕投手のほしい球団を中心に3位前後での指名がありそうだ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。

中日・米村チーフスカウトは「スライダー以外の決め球に課題はあるが、直球も制球もいい。春より体も大きくなっている」と評価した。

プロ注目の左腕エース木村大成(3年)は先発し、152球を投げ9回6安打8奪三振で完投。2回に2失点も3回以降は無失点と持ち直したが、打線の援護が5回の1点にとどまった。試合後、進路について「3年間、プロを目指してやってきた。その思いは変わらない。自信があるのはスライダーだが、調子の波が激しいので、そこの差をなくしていくことが、これからの課題」と先を見据えた。平川敦監督(50)は「木村は素晴らしい投球をしてくれた。終盤は流れがこちらに来ていた。春も夏も1点差負けになってしまったのは、監督の力の差」と話した。

【甲子園】北海・木村大成の夏終わる「悔いない」仲間の涙に「もらい泣き」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
<全国高校野球選手権:神戸国際大付2-1北海>◇15日◇1回戦プロ注目の最速150キロ左腕、北海(南北海道)木村大成投手(3年)の夏が終わった。ゲームセットの… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
プロ注目の北海の左腕・木村「自分の中でいい投球ができたことは今後につながる」/甲子園
第103回全国高校野球選手権大会第3日第3試合(神戸国際大付2-1北海、1回戦、15日、甲子園)北海は、北海中時代の1922年(大正11)年に選手権大会初勝利を…
北海、4元号勝利お預けも…152球完投の木村「上でやっていく自信に」プロの世界で悔しさ晴らす - スポニチ Sponichi Annex 野球
 三度目の正直ならず――。全国最多39度目出場の北海(南北海道)は、神戸国際大付(兵庫)に1―2で敗れた。17年夏、今春と2大会連続敗れた同じ相手にまたも1点差負け。最速150キロ左腕・木村大成(3年)の6安打2失点152球完投は報われず、創部120周年の節目の年に目指した4元号勝利もかなわなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント