日大山形・滝口琉偉投手が150キロ、プロ志望届提出の方向へ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今年の夏の甲子園で、初戦からリリーフとして持ち前の度胸と140キロ後半の速球を投げ、注目されている日大山形の滝口琉偉投手が150キロの大台に乗せた。

スポンサーリンク

制球安定せず

この日の石見智翠館戦で滝口琉偉投手は、1−1の6回1アウト1,2塁の場面で今大会3度目のリリーフ登板をした。しかし、2アウトとしたもののタイムリーヒットを浴びて勝ち越しを許すと、7回に味方が3点を奪って逆転したものの、その裏に3連続四球から2失点し、9回先頭に四球を与えた所で降板した。2回1/3を投げて4安打3奪三振5四死球で2失点だった。

ロングリリーフもこなしていた滝口投手だったが、「試合の後半にいく準備はしていたのですが、ボールが先行して視野が狭くなって。本当に自分が情けないというか、そういう気持ちです」と反省の言葉が出た。

それでも7回のピンチで最速を更新する150キロを記録し、甲子園で持ち前のストレートと、ピンチで三者三振を奪った1回戦の投球で度胸をアピールできた。1年生の冬に投手に転向したものの、昨年は右肘の手術を受け、今年春に復帰をした。登板機会がまだまだ少なく、これだけの疲労が残る中でフォームを維持するのに苦労し、制球を乱す課題をみせたが、これから経験を積んでゆけば、プロの舞台でも大きな所で投げられる投手になるだろう。

進路については「プロを目指してやってきたが、今はあまり分からない」と話し、敗戦後ではっきりを進路を明言しなかった。それでもこれまでプロ入りを目指してきており、プロ志望届を提出する事になりそうだ。

プロのスカウトの評価コメントも多くなく、どのくらいの評価をしているか予測するのは難しいが、現時点では育成ドラフトでの指名ということになりそう。ただし、持ち前の度胸は、プロで成長する過程でも、舞台に立って投げる場面でも、大きな武器となる。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の甲子園、スポーツ紙各紙の注目選手一覧
夏の甲子園に出場した選手を、スポーツ紙各紙がリストアップしている。
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。

「試合の後半にいく準備はしていたのですが、ボールが先行して視野が狭くなって…。本当に自分が情けないというか、そういう気持ちです」と滝口。2回戦でマークした148キロの自己最速をさらに更新し、目標とする150キロを出したが「試合に負けたので、そこはあんまり分からないです」と言葉少なだった。

1、2回戦で好救援を見せた右腕。今後の進路は「プロを目指してきたけど、今は分からない」と話し、後輩へ日本一の夢を託して甲子園を後にした。

【甲子園】日大山形・滝口琉偉が今大会2人目150キロ、自己記録3度更新 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
東北に新たな150キロ右腕が誕生した。日大山形の2番手・滝口琉偉が、ノースアジア大明桜・風間球打(きゅうた)投手(3年)に続く今大会2人目の大台をマーク。7回… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント