149キロ左腕、八王子の羽田慎之介投手がプロ入りを決断

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

192cmから最速149キロの速球を投げ、プロも注目する大型左腕の八王子・羽田慎之介投手が、プロ志望届を提出することがわかった。

スポンサーリンク

夏は登板なく

羽田慎之介投手は192cmの大型左腕投手で、昨秋の東京大会で140キロを超す速球を投げ、チームをベスト8に導く投球を見せた。

しかしその後、左ひじを故障し、春に大会でも球数を非常に少なく設定して登板していたが、夏は骨髄浮腫の治療のために登板はなかった。プロのスカウトも登板を待ち、視察を続けていた。

登板機会がなく進路の決断が注目されていたが、プロ志望届を提出する事を決めた。安藤監督は「一番望んでいる進路で夢をかなえてほしい。新しいステージでの活躍が後輩の励みになる」と話してプロ入りを後押しした。

羽田投手は近日中にプロ志望届を提出し、プロへ挑戦する。プロ側もしっかりと評価できている状況ではないと思うが、練習などをチェックして指名の可能性を探っていく事になる。

スケールの大きさ、速球の速さなど、左腕として非常に魅力な投手で、普通に投げて150キロを記録していれば、ドラフト上位候補になる可能性もあった。プロ側の評価が注目される。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

羽田は左肘の骨髄浮腫で登板のないまま最後の夏を終えたが、長身から最速149キロの速球を投げる本格派左腕。万全であればドラフト上位候補級の逸材だ。安藤徳明監督(60)は「一番望んでいる進路で夢をかなえてほしい。新しいステージでの活躍が後輩の励みになる」と笑顔で語った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント