智弁和歌山の中西聖輝投手がプロ志望から一転、大学進学へ

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

智弁和歌山のエースとして夏の甲子園で優勝した中西聖輝投手が、大学に進学することを決めた。

スポンサーリンク

147キロ右腕

中西聖輝投手は最速147キロの速球を投げる右腕で、この夏の甲子園では3試合23回2/3を投げて4失点、エースとしてチームを優勝に導いた。

甲子園終了後にはプロ志望を表明し、「野球を始めてから、なりたいと思ってきた」と話していたが、その後、中谷監督や両親などと相談し、大学に進学して4年後にプロ入りする事を決めた。

中西投手は昨年まではパワーピッチングをみせており、個人的には今年は150キロを越えてくると思っていたが、特に夏は出力をやや落として勝つための投球をしていた印象。

投手としてのスタイルがまだ固まらない中で、プロ入りしてからの将来像を評価するのが難しく、おそらくプロ側の評価もあまり高いものではななかったのではないかと思う。

大学でまずは150キロを突破し、その球とスライダーなど変化球を磨いて、本格派右腕として堂々とドラフト1位でのプロ入りをしてほしい。2025年のドラフト会議で待ちたい。

進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。
2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

最速147キロ右腕は甲子園で3試合に登板し、計23回2/3を4失点に抑え、21年ぶり3度目のVに導いた。智弁学園(奈良)との決勝後にはプロ志望届を提出する意向を示していたが、中谷仁監督(42)や両親と検討した結果、4年後にプロ入りを目指すことを決めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント