天理・戸井零士選手に阪神、DeNA、オリックス、ロッテの4球団が視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

天理高校が関西中央に9−0で勝利した。プロ注目の戸井零士内野手は2打数1安打、決勝となる犠飛を打つなど勝利に貢献した。阪神、横浜DeNA、オリックス、千葉ロッテの4球団が視察に訪れている。

スポンサーリンク

右打ちの遊撃手

2回まで0−0とやや固い初戦の天理だったが、3回1アウト2,3塁のチャンスを作ると、打席に入った戸井零士選手がフルスイングでセンターに飛球を打ち上げ、タッチアップでホームインし先制した。この1点で打線に火がつくと、7回までに9点を奪いコールドで勝利した。

戸井選手は「初戦のプレッシャーもあり、硬さもあった。そんな中でもしっかり先制点が取れたことがよかった」と話し、「5年も夏の甲子園には出ていないので、とにかく勝つことが目標です」と甲子園出場を強く語った。

この日は阪神、横浜DeNA、オリックス、千葉ロッテの4球団が視察に訪れたが、

阪神・山本スカウト:「一番の魅力はやっぱり打撃。球界ではコツコツ当てる左打ちの二遊間が多い中、長打が期待できる貴重な右の強打者。派手さはないが、守備も堅実。センバツの良いフォームに戻ってきた。右打ちの内野手は少ない」

オリックス・谷口スカウト:「1球目から思い切り振れるのが良さ。右投げ右打ちの遊撃手」

千葉ロッテ・三家スカウト:「バッティングだけじゃなく周りを見ながらプレーが出来る部分も」

と話し、貴重な右打ちの遊撃手として高く評価していることを示した。

戸井選手は将来についても、「チャンスがあるなら上のステージで戦いたい。プロに入って、浅村選手のような強い体でぶれない軸で打てる選手に」と話した。

オリックスは太田椋選手や紅林選手など右の遊撃手を上位で指名する事が多い。現時点では若手では紅林選手がおり、昨年のドラフト会議でも左打ちだが遊撃手の野口智哉選手を2位で指名しており、今年の指名の可能性はやや低そうだが果たして補強ポイントをどのように見ているか注目される。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・奈良大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球奈良大会、プロ注目の遊撃手がいるものの、全体的にドラフト候補は少なく、ドラフト注目度はC。
ドラフト候補の天理・戸井が驚打球 三塁手の捕球寸前で突如ホップ 右投げ右打ちの遊撃手にプロも熱視線 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の出場校を決める地方大会は14日に各地で開催され、奈良大会では天理が春夏連続出場へ快勝で発進した。今秋ドラフト候補の戸井零士(3年)は決勝犠飛を含む2打数1安打だった。

阪神、DeNA、オリックス、ロッテの4球団が視察。オリックスの谷口悦司スカウトは「1球目から思い切り振れるのが良さ」を特長に挙げ、「右投げ右打ちの遊撃手」として希少価値の高さを認めた。

ドラフト候補の天理・戸井零士主将は楽天浅村栄斗フォーム参考、NPB4球団スカウト視察/奈良 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
<高校野球奈良大会:天理9-0関西中央(7回コールド)>◇14日◇2回戦◇佐藤薬品スタジアム5年ぶりの夏切符を狙う天理が9-0で初戦を突破した。0-0で迎えた… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

この日、同球場にはNPB4球団のスカウトが視察。阪神スカウトは「センバツの良いフォームに戻ってきた。右打ちの内野手は少ない」と言及した。

天理、貫禄コールド発進 今秋ドラフト候補・戸井がV犠飛、プロ4球団熱視線/奈良大会
第104回全国高校野球選手権大会地方大会(14日)奈良では2回戦が行われ、今春の選抜に出場した天理が関西中央を9-0、七回コールドで下し、3回戦に進出。今秋のド…

ネット裏ではプロ4球団のスカウトが熱視線を送った。阪神・山本スカウトは「一番の魅力はやっぱり打撃。球界ではコツコツ当てる左打ちの二遊間が多い中、長打が期待できる貴重な右の強打者。派手さはないが、守備も堅実」と評価。OBには、関本(元阪神)や中村奨(ロッテ)ら右打ちの大型内野手が多く、遊撃手で身長181センチの戸井も「チャンスがあるなら上のステージで戦いたい」と目を輝かせる。冬には白米を一日2キロを食べることをノルマに掲げ、体重は9キロ増量。夏は高校通算13本塁打からさらに積み上げるつもりだ。

【奈良】天理がコールド発進 プロ注目・戸井零士「まずは甲子園。プロに入って、浅村選手のような選手に」
 今春センバツ出場の天理が初戦を突破した。4球団4人のスカウトが視察する中、プロ注目の戸井零士遊撃手(3年)は、2打数1安打1打点。

3回1死二、三塁で中犠飛で先制点を挙げた。さらに5回には三塁手への強襲ヒットで出塁して盗塁と、この回6得点のきっかけを作った。オリックス・谷口スカウトは「1球目から振って強い打球が打てる」、ロッテ・三家スカウトは「バッティングだけじゃなく周りを見ながらプレーが出来る部分も」と高評価。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント