尼崎北の藤本拓己投手が12奪三振も敗戦、5球団視察も大学進学志望

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

183cmの長身左腕投手で最速140キロの速球を投げる尼崎北の藤本拓己投手が、尼崎工戦で9回を投げて12三振を奪う投球を見せたが1−3で敗れ、高校野球を終えた。

スポンサーリンク

2日前に練習再開

藤本拓己投手は春季兵庫大会で2試合21回で32奪三振を記録し、複数のプロスカウトから高い評価を受けていた。

しかし、夏の大会の前に新型コロナの濃厚接触者となってしまい、2日前に練習を再開したばかりで、この日は8四球を与えた。1−1の4回にはエラー絡みで勝ち越しを許すと6回にも失点して3失点、それでも被安打は5で、12奪三振を記録するなど力を見せた。

「硬さがあって、うまく投げられなかった。不完全燃焼という言葉がいちばん正しい。まだあるんじゃないかという感じです。」と肩を落としたものの、チームの主将として「あまり言葉にできないですけど、最後全員で声を出して応援もできた。チームとしてはやりきれた」と話した。

この日は5球団のスカウトが視察し、

巨人・岸スカウト「長身で手足が長く、同じ左の広島・床田のようになれる可能性を秘めている」

阪神・熊野スカウト:「投げ方が柔らかく、将来性豊か」

と評価をしたが、「まだまだ体が細いのでしっかり体を鍛えて、高校の倍以上の練習で投手としての必要なスキルを身につけたい」と話し、大学に進学する意向を示した。

まだ細身だがしなる腕から投げられるスライダーは素晴らしく、大学で体が作られればどのような投球をするのか今から非常に楽しみだ。左腕投手の育成に定評のある大学への進学が予想される。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・兵庫大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球兵庫大会は、昨年の武庫荘総合の斉藤汰直投手や神戸国際大付の阪上翔也選手などがいたのと同じくらい注目選手が多く、ドラフト注目度はB。
今春19Kの尼崎北・藤本 3失点完投ながら夏は初戦敗退 「不完全燃焼」コロナ禍で練習中断 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今春県大会2回戦で19奪三振(延長13回)を記録して注目された尼崎北の最速140キロ超左腕・藤本拓己(3年)は悔しい3失点完投で最後の夏を終えた。プロ5球団が視察する前で初戦敗退。12奪三振で被安打5でも8四球を与え「コントロール良く投げられなかった」と肩を落とした。

新型コロナウイルスの濃厚接触者となり、2日前に練習を再開したばかり。「不完全燃焼という言葉がいちばん正しい」と漏らした。阪神の熊野輝光スカウトから「投げ方が柔らかく、将来性豊か」と評価された主将で4番も務めたエース。大学進学の意向を示し「高校の倍以上の練習で投手としてのスキルを上げて上の舞台で活躍したい」と前を向いた。

【兵庫】尼崎北のプロ注目左腕・藤本拓己、12K完投も初戦敗退「チームとしてやりきれた」プロ5球団視察
 尼崎北のプロ注目左腕・藤本拓己(3年)が12三振を奪い、3失点完投したが初戦敗退となった。
尼崎北の注目左腕・藤本拓己、12Kも初戦敗退 味方失策などで3失点「不完全燃焼」/兵庫 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
尼崎北の好左腕、藤本拓己投手(3年)が初戦で姿を消した。初回に長短打で1失点。4回に失策が重なり勝ち越しを許し、6回にも連続四球から失点した。本来なら140キ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント