日本航空石川・内藤鵬選手選手が走塁・守備でアピール、巨人・オリックススカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

日本航空石川の高校通算53本塁打スラッガー・内藤鵬選手がこの日は、好判断の走塁と守備で高く評価された。

スポンサーリンク

四球で出塁

高校通算53本の内藤鵬選手は、もう既にまともに勝負されることは無いが、この日の金沢市工戦では1−1の同点で迎えた7回の先頭打者で四球で出塁すると、犠打で二塁に進んだ。

そして、次の打者の時に相手投手が暴投で捕手が後ろにそらすと、二塁から三塁を回って一気に本塁に生還した。「二塁にいるときから狙っていた。後ろが広い」と、石川県立球場の特徴を頭に入れてあり、中村監督も「まさか行くとは思わなかった。良い判断」とうなづくプレーを見せた。この点が決勝点となり2−1で勝利し、4強に進出した。

この日は巨人、オリックスなどが視察し

○巨人・渡辺スカウト:「飛距離が出る打撃が魅力。守備も送球が安定し、柔らかさがある」

○オリックス・小松スカウト:「天性の長打力がある。四球も取って、ただ打つだけではない」

走塁、そして守備の評価も高く、ドラフト会議で指名をする時の有力なポイントとなってくる。

あとはホームラン、この日は2打数ノーヒットだったが、現在石川大会で通算10本塁打を放っており、松井秀喜選手の12本塁打に後2本に迫っている。目標の甲子園にも後2勝と、内藤選手の夏は真っ最中だ。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・石川大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球石川大会、星稜、日本航空石川、小松大谷など毎年のようにプロ注目選手を輩出するチームに今年も注目選手がいる。ドラフト注目度はB。
ゴジラ超え射程圏「加賀のドカベン」日本航空石川・内藤鵬が激走4強「いい判断」中村監督/石川 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
日本航空石川が、「加賀のドカベン」こと、今秋ドラフト候補の内藤鵬(ほう)内野手(3年)の激走で決勝点を奪い、4強入りを決めた。同点の7回先頭で四球出塁し、犠打… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神がリストアップするほか、多くの球団が注目。この日、視察した巨人渡辺スカウトが「飛距離が出る打撃が魅力。守備も送球が安定し、柔らかさがある」と話せば、オリックス小松スカウトも「天性の長打力がある。(7回は)四球も取って、ただ打つだけではない」と高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント