知内・坂本拓己投手が13奪三振完投勝利、ヤクルト編成部長「びっくりした」

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

知内の148キロ左腕・坂本拓己投手が札幌日大から13三振を奪って1失点完投しベスト4進出を決めた。この試合を視察した東京ヤクルト・伊東編成部長は「ちょっとびっくりした」と評価した。

スポンサーリンク

2回から別人

坂本拓己投手は最速148キロの速球を投げる左腕投手で、制球などはアバウトだが力のある球を投げる投手で、元ヤクルトの山部投手のような感じの投手。

この日は優勝候補の札幌日大との対戦となったが初回、2四球を与えて1アウト2,3塁のピンチを背負った。しかし、そこからチェンジアップを続けて連続で空振り三振を奪うと勢いに乗り、2回意向は145キロのストレートと変化球で13三振を奪う。9回を投げて5安打13奪三振1失点の好投で2−1で勝利した。

この試合を視察した東京ヤクルトの伊東編成部長は、「ちょっとびっくりした。二回から別人。ピンチでもチェンジアップやスライダーで空振りが取れ、直球も角度がある。非常にいいものを見せていただいた。リストには最後まで残っています」と非常に高い評価をした。

左腕投手では京都国際の森下瑠大投手や東海大札幌の門別啓人投手、札幌大谷の森谷大誠投手、阿南光の森山暁生投手、大島の大野稼頭央投手などがいるが、坂本投手も東京ヤクルトがドラフト4位あたりで指名しそうな雰囲気がある。

昨年も威力あるストレートを投げていたが、この春から夏にかけての成長が素晴らしく、変化球も非常に安定し質が高くなった。ドラフト指名候補として十分の力を見せている。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
スカウト大絶賛! 知内・坂本が1失点完投&逆転V弾(道新スポーツ) - Yahoo!ニュース
 南大会準々決勝3試合が行われ、4強が出揃った。4大会連続19度目の知内は、2―1で札日大高を下し25年ぶりの準決勝進出を果たした。奥尻島出身のプロ注目左腕・坂本拓己投手(3年)が、140キロ後半の

■ヤクルト・伊東昭光編成部長(59) の話 「ちょっとびっくりした。二回から別人。ピンチでもチェンジアップやスライダーで空振りが取れ、直球も角度がある。非常にいいものを見せていただいた。リストには最後まで残っています」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント