智弁和歌山・武元一輝投手が146キロで4回4奪三振無失点、巨人スカウト「大化けする可能性」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

智弁和歌山が向陽と対戦し、プロ注目の二刀流・武元一輝選手が登板した。

スポンサーリンク

146キロ

先発した武元一輝投手は3回、2安打と野選によってノーアウト満塁のピンチを迎えたものの、「仲間のミスをカバーできるよう、このピンチを踏ん張りきろうと、ちょっとギアを上げた」と話し、最速146キロのストレートを中心に相手の3,4番を連続三振に斬ると、最後はサードゴロに討ち取って無失点に抑えた。4回まで4安打も4三振を奪って無失点に抑えて降板した。

「球速じゃなく、チームのために勝つことが大事。どれだけ、勝ちにつながるピッチングをできるか」と話し、チームに貢献する投球を続けている。また打者としても注目されるが、この日は6番で2打数ノーヒットだった。「まだ甘い。次は打てるように頑張りたい」とこちらは反省をしていた。

この日は巨人の岸スカウトが視察し、「春先からストレートがだいぶ、走るようになって、球に力があった。体もあって、だいぶ角度も出ている。以前はもろさもあったが、ピンチの場面でも非常に落ち着いていて、精神的にも強くなったと成長を感じた。バッティングもいいものを持っているので、両方とも好評価している。まだ粗削りだが伸びしろがあるし、大化けする可能性がある」と成長を評価するとともに、今後も更に成長すると予想した。

まだまだポテンシャルを秘めているように見える武元選手、どこでギアを最大に持ってくるか注目していたい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・和歌山大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球和歌山大会、昨年はドラフト1位指名選手が複数誕生するなど大いに盛り上がった。今年は昨年ほどではないが、プロが注目する投手が複数人おり、ドラフト注目度はB。
【和歌山】昨夏甲子園王者の智弁和歌山が8強入り プロ注目右腕・武元一輝は4回0封「受けて立たず、攻める」
 昨夏の和歌山王者で甲子園も制した智弁和歌山が、向陽を下して順当に8強進出を決めた。

ネット裏で見守った巨人の岸スカウトは「春先からストレートがだいぶ、走るようになって、球に力があった。体もあって、だいぶ角度も出ている。以前はもろさもあったが、ピンチの場面でも非常に落ち着いていて、精神的にも強くなったと成長を感じた。バッティングもいいものを持っているので、両方とも好評価している。まだ粗削りだが伸びしろがあるし、大化けする可能性がある」と印象を明かした。

智弁和歌山・武元一輝4回0封、3回無死満塁もぴしゃり「大化けタイプ」巨人スカウト/和歌山 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
昨夏甲子園優勝校の智弁和歌山が背番号11の快投で夏連覇へ勢いをつけた。先発マウンドに上がった武元一輝投手(3年)は0-0での3回、味方の野選などで無死満塁のピ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

巨人岸スカウトは「春先からストレートが走るようになってきた。夏に向けて状態は良くなっている。大器晩成型だと思う。大化けするタイプ」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント