東芝・吉村貢司郎投手が150キロ6回8奪三振も1失点で敗退、楽天・中日スカウトなど「今年の社会人で最高」

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

都市対抗野球では、プロ注目の東芝・吉村貢司郎投手が登板し、初回から150キロを連発するなど、圧倒的な投球を見せた。

スポンサーリンク

1失点で敗れる

吉村貢司郎投手は最速153キロのストレートにフォークなどを投げ、昨年もドラフト前にドラフト上位クラスの投球を見せていたものの、チームも要請もあり残留して今年にかけている。

この日、都市対抗本戦の北海道ガス戦で先発すると、初回から150キロを連発し、2者連続三振で立ち上がると、3回、4回にも2つの三振を奪うなど6回までに8つの三振を奪った。

しかし、北海道ガスは160キロに設定した打撃マシンで吉村投手の攻略を練っており、この日もセンターから逆方向を狙った。3回には2安打を許すと、4回には1アウトから連打で1,3塁とされ、犠牲フライで1点を失う。結局、この1点が響き、0−1で北海道ガスに敗れた。6回5安打8奪三振1失点だった。

それでも視察した12球団のスカウトに大きくアピールする投球となった。

○東北楽天・後関スカウト部長:「今年の社会人で最高でしょう」

○中日・米村スカウトシニアディレクター:「プロでも先発投手として十分働ける力はある。」

今年の社会人NO.1、そして1年目から先発で活躍できると太鼓判を押した。

ドラフト会議では即戦力の投手を求める球団を中心に、ドラフト1位で指名が予想される。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
V候補の東芝が初戦敗退 大会No・1右腕の吉村が150キロ連発も一球に泣く「悔いが残る球もあった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 優勝候補の一角、東芝が初戦で姿を消した。大会No・1右腕・吉村は0―0の4回1死一、三塁で決勝点となる先制の左犠飛を許した。「いいボールはあったけど、悔いが残る球もあった」。序盤から150キロを連発したが、6回5安打1失点、8三振で降板。打線の援護がなく、一球に泣く結果となった。

もっともスカウト陣の高い評価は変わらない。楽天の後関昌彦スカウト部長は「今年の社会人で最高でしょう」と断言。吉村は「決め球を連続して投げる制球力をつけたい」と課題を掲げた。

 ▼中日の米村明スカウト・シニアディレクター プロでも先発投手として十分働ける力はある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント