知内の147キロ左腕・坂本拓己投手は決勝で敗れる、「プロ志望届は出す」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

高校野球南北海道大会では決勝戦が行われ、札幌大谷が知内に勝利し甲子園出場を決めた。知内の147キロ左腕・坂本拓己投手はプロ志望届を提出することを明らかにした。

スポンサーリンク

まっすぐで強気に

最速147キロの速球を投げ、準決勝で東海大札幌の門別啓人投手との投げ合いを制して決勝に勝ち上がっていた知内の坂本拓己投手だったが、この日は3回に3失点、6回、7回にも1点を失うなど、7回を投げて10安打5失点と抑えることができなかった。「疲れがある中でどれだけできるかがカギだったが、自分はまだまだ」と涙を見せた。

それでも、「プロ志望届は出す。小さい頃からなりたいと思っていたので。課題をどんどんつぶしながら、いい投手になれたら。まっすぐで強気にやれる投手を目指したい」と話し、プロ志望を表明するとともに、プロでやっていく姿を思い描いた。パワー系の左腕投手として、ドラフト会議では4位前後での指名と予想する。プロで投げている姿が楽しみ。

勝った札幌大谷のエース・森谷大誠投手も、準決勝で苫小牧中央の斉藤優汰投手との投げ合いを制して勝ち上がってきた。疲労が見えたこの日、4回に3四球で1失点した時点で「ストライクが入らない」と話していたものの、力を抜いた投球で9回5安打2失点で完投し、甲子園出場を決めた。

森谷投手はこの夏に最速148キロを記録し、門別投手、斉藤投手、坂本投手が注目される中に加わってきた。甲子園でアピールができることになり、その投球が注目される。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球南北海道大会は、苫小牧中央の斉藤優汰投手と東海大札幌の左腕・門別啓人投手が共に150キロを記録しており、ドラフト上位での指名が期待される。他にも速球派投手や野手も期待される選手が多く、ドラフト注目度はA。
【南北海道】知内、甲子園に一歩届かず…147㌔左腕・坂本拓己がプロ志望表明
 決勝が行われ、知内は札幌大谷に7―2で敗れた。

25日に115球を投げたエース坂本拓己(3年)が、2戦連続先発した。疲れを実感する中も、5回に1死二、三塁のピンチを防ぐなど力を振り絞った。「悔しい部分はあるが、仲間の大切さとか感じられた、いい経験だった」。そう初の決勝舞台を振り返った最速147キロ左腕は、プロ志望届を出すことを決めた。「小さい頃からなりたいと思っていたので。課題をどんどんつぶしながら、いい投手になれたら」。

プロ注目札幌大谷・森谷大誠、序盤制球難も周囲の支えと打球直撃で力抜け尻上がり/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
札幌大谷が知内を7-2で下し、創部14年目で夏初の甲子園出場を決めた。プロ注目の最速148キロ左腕、森谷大誠投手(3年)が9回5安打2失点完投。打線も5戦連続… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント