浦和学院が敗れる、注目左腕・宮城誇南投手は大学進学

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

高校野球埼玉大会は決勝戦が行われ、聖望学園が浦和学院に1−0で勝利し甲子園出場を決めた。浦和学院の注目左腕・宮城誇南投手は大学へ進学する。

スポンサーリンク

甲子園出場は2度

宮城誇南投手はこの日の決勝戦で先発すると、9回154球を投げて8安打12奪三振1失点の素晴らしい投球を見せた。しかし、聖望学園の岡部投手がそれを上回って完封し、0−1で敗れた。

宮城投手は昨年夏と今年春の甲子園に出場し、春のセンバツ大会では1回戦の大分舞鶴戦で完封勝利、2回戦、準々決勝でも先発をしたが、準決勝の近江戦では疲労も考慮されて登板せずに敗れた。この夏は高校集大成となる投球を見せたが、甲子園でリベンジを果たすことはできなくなった。

宮城投手は進路について、「大学に進学する予定」と話し、「勝てるピッチャーになりたい」と話した。

千葉ロッテの小嶋投手のように大学で更に成長して4年後に注目されながらドラフト会議を迎えて欲しい。期待は高い。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・埼玉大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球埼玉大会、毎年のように投手・野手でドラフト上位で指名されるような選手を輩出してきたが、今年は上位指名とまでは行かないが、各高校に将来楽しみな選手がいる。ドラフト注目度はB。
浦和学院・宮城誇南「大学で勝てる投手に」 聖望学園に1失点完投負けも意地の12K - スポニチ Sponichi Annex 野球
 関東を代表する左腕で浦和学院のエース・宮城は先発し、9回を8安打1失点。154球で12三振を奪う熱投も実らず「全国制覇を目標にやってきましたが、その機会を失ってしまったのは悔しい」と肩を落とした。

中学まで沖縄で育った宮城は「高いレベルで野球をやりたい」と越境して同校に進学し、2度の甲子園出場を果たした。今春の選抜大会では1回戦の大分舞鶴戦で完封勝利するなど2勝を挙げた。注目が集まる進路については「大学に進学する予定」で、「勝てるピッチャーになりたい」と成長を誓った。

浦和学院・宮城誇南「最高の夏だった」センバツ準決勝登板せず夏見据えるも1歩届かず/埼玉 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
<高校野球埼玉大会:聖望学園1-0浦和学院>◇26日◇決勝◇大宮公園野球場浦和学院の宮城誇南(こなん)投手(3年)は、2年間背負ったエースナンバーに別れを告げ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント