東日本国際大昌平の草野陽斗投手はプロ志望「高卒でプロに行こうと思っています」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

26日の高校野球福島大会準決勝で敗れた東日本国際大昌平のエースで、最速151キロの速球を投げる草野陽斗投手が、「進路は高卒でプロに行こうと思っています」と話し、プロ志望を表明した。

スポンサーリンク

151キロ右腕

草野陽斗投手は175cm82kgの右腕投手で、最速151キロの速球を投げる。今大会は初戦から140キロ後半の速球を投げ込むと、準決勝の聖光学院戦でも149キロのストレートで初回から飛ばした。

しかし、その後、聖光学院打線につかまり2回2/3を投げて5安打5失点で降板し、チームも0−6で敗退した。「自分的にいいボールを打たれた」と話したものの、「聖光学院さんの方が上でした」と負けを認めた。

高校入学時は体重が62kgしか無く、球速も132キロだったが、体重を86kgまで増やすと、最速は151キロまで伸び、プロも注目をしている。

試合後には、「進路は高卒でプロに行きたいと思っています」と話す。それほど報道は無い投手だが、実力は十分あると認められる。個人的にはドラフト5位前後での指名を予想するが、育成ドラフトでの指名の可能性もある。快速球右腕として成長し、そして決め球など特徴をもう一つプラスしてプロ野球で活躍をして欲しい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-福島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・福島大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球福島大会、今年は全国でも屈指の151キロの速球派投手や、侍ジャパンU18代表候補にも選ばれてプロも注目する捕手がおり、ドラフト注目度はB。
最速151キロ東日本国際大昌平・草野陽斗、3回途中無念の降板 プロ志望届提出を明言/福島 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
東日本国際大昌平の最速151キロ剛腕・草野陽斗(3年)は2回2/3を5安打5失点、1奪三振で無念の降板となった。初回は3者凡退で先頭が遊飛、後続をともにこの日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
最速151キロ東日本国際大昌平・草野陽斗、3回途中無念の降板 プロ志望届提出を明言/福島 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
東日本国際大昌平の最速151キロ剛腕・草野陽斗(3年)は2回2/3を5安打5失点、1奪三振で無念の降板となった。初回は3者凡退で先頭が遊飛、後続をともにこの日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント