大阪桐蔭・松尾汐恩選手が2打席連続本塁打で甲子園3大会連続5発、阪神・中日が首脳クラス視察継続

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

夏の甲子園大会では大阪桐蔭が聖望学園と対戦し、19−0の大差で勝利した。プロ注目捕手の松尾汐恩選手が2打席連続ホームランを放ち、甲子園3大会連続の5発目となった。

スポンサーリンク

甲子園5本塁打

松尾汐恩選手はこの日、第5打席まで5打席で2安打2四球、そして8回の第6打席で「詰まった形になったが、なんとか入ってくれた」と左中間にホームランを放つと、9回1アウト二塁の場面でもフルカウントと粘って8球目を叩き、打球はレフトポール際に飛び込む2ランホームランとなった。

松尾選手は昨夏の近江戦でホームランを放つと、今年春のセンバツでも国学院久我山戦と決勝の近江戦でホームランを放っており、この2打席連続ホームランで3大会連続5本目のホームランとなった。これは大阪桐蔭の先輩の中田翔選手(4本塁打)を抜き、平田良介選手、森友哉選手、藤原恭大選手に並んだ。

これで今大会は旭川大高戦の4打数3安打と合わせて、9打数7安打2本塁打7打点という驚異的な成績となっている。また守備でも際どいコースの球をストライクに見せる技術を見せ、4人の投手をリードし9回2安打で完封した。

プロのスカウトは首脳クラスが49校全てが出揃うまでは視察をし、それが終わると甲子園から姿を消すが、この日は阪神が和田TA、畑山統括スカウトや中日の米村チーフスカウトが甲子園に残って松尾選手を視察した。米村氏は「センバツに比べて粗さ、強引さがなく、素直に打っている。確実性が出てきた。上位指名に入ってくる。捕手で遊撃もできて、新しいタイプの選手」と評価した。

阪神の畑山統括スカウトは前日の総括で松尾選手について「コンスタントの結果を出してくれる数少ない選手で、一定の評価はできている。打撃がいいので捕手だけでなく、いろいろな可能性がある。楽しみ」と話していたが、この日の2本塁打と捕手の技術で、更に評価は高まったのではないかと見られる。

高校生捕手として昨年は市和歌山の松川虎生選手が千葉ロッテの1位指名され、1面目でレギュラー捕手として活躍をしている。評価されていた打撃よりもむしろ守備の良さが光っている。松尾選手も捕手に課題を抱える球団だけでなく、右の強打者の獲得を目指す球団も含めて、ドラフト1位か2位で指名される可能性は非常に高くなったと見られる。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

松尾お〜、5発!! ー サンケイスポーツ関西版1面

 

松尾連発 ー 日刊スポーツ1面

【甲子園】大阪桐蔭・松尾汐恩2打席連発 史上10人目の甲子園通算5本塁打で西武森らに並ぶ - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
秋春夏3連覇を目指す大阪桐蔭が歴史的大勝で夏40勝を飾った。聖望学園(埼玉)との2回戦で、ともに同校の夏甲子園最多となる25安打19得点を刻んだ。プロ注目の松… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大阪桐蔭、打線爆発19得点 今秋ドラフト候補の松尾汐恩が2打席連続弾【甲子園】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇14日 全国高校野球選手権大会2回戦 聖望学園0―19大阪桐蔭(甲子園) これが大阪桐蔭の強さだ。苦しんだ初戦の旭川大高戦から一転、...
大阪桐蔭・松尾汐恩、圧巻の2打席連発「春夏連覇は自分たちしか権利はない」/甲子園
第104回全国高校野球選手権大会・第9日第3試合(大阪桐蔭19-0聖望学園、2回戦、14日、甲子園)3度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭は聖望学園(埼玉)に19―0…
【甲子園】2打席連発の大阪桐蔭・松尾「次も先を見ず1戦1戦」甲子園通算5発はOB平田、森らに並ぶ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大阪桐蔭のプロ注目打者・松尾汐恩(3年)が2打席連続となる本塁打を放ち、甲子園通算5本塁打まで記録を伸ばした。
【甲子園】2打席連発の大阪桐蔭・松尾 SNS上では「うますぎ」フレーミング技術でも大盛り上がり - スポニチ Sponichi Annex 野球
 史上3度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭が同校史上最多となる25安打19点を奪い、聖望学園に圧勝。16強に駒を進めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント