北星学園大付の192cm右腕・石田充冴投手選手が敗戦、プロ志望届提出明言

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球南北海道大会では、192cmの右腕としてプロが注目する北星学園大の石田充冴投手が登板したがチームは敗れ夏が終わった。

スポンサーリンク

「高校生のうちに夢を追いかけたい」

この日は札幌第一との対戦で、石田充冴投手は4回2アウト2,3塁のピンチで登板すると、ここでは三振を奪って抑えると、5回から7回まで無失点に抑えた。

しかし終盤の8回に1点を失うと、9回には2点を奪われて4-6で敗れた。5回1/3を投げて3安打3失点だった。最速は149キロだがこの日は144キロにとどまった。

石田投手は大会直前の6月26日の練習中に左足を捻挫し万全の状態ではなかったといい、試合後は足を引きずっていたが、「痛みはありません。」と話す。大粒の涙を流したが、「先が見えなくてつらい時期もあったけど、きょうのために全員でやってきたので、一生の財産になると思う。」と話した。

そして「自分の目標は高卒でNPB入ること。まだ期間があるので、それまでにもう一回、高校生のうちに夢を追いかけたい」と話し、プロ志望届を提出することを明言した。この日は10球団のスカウトが視察をしており、大型右腕に注目をしていた。

2024年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・南北海道大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B
夏の高校野球南北海道大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。
【高校野球】191センチのプロ注目右腕・北星学園大付の石田充冴が地区敗退 「自分の目標は高卒でNPB入ること」 - スポーツ報知
 北星学園大付のプロ注目右腕・石田充冴(3年)が札幌第一に登板し、5回1/3を3安打3失点。終盤の追い上げも及ばず、地区予選で敗退した。
北星学園大付 1メートル91のプロ注目右腕・石田充冴の夏終わる プロ志望届提出へ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 北星学園大付の1メートル91のプロ注目右腕、石田充冴投手(3年)が札幌第一との札幌支部代表決定戦で4回途中から3番手で登板。今夏初登板は5回1/3を3安打3失点も、チームは敗戦した。
札幌日大・小熊梓龍「運も味方に」打倒北海へ練習だけでなく普段の行動から見直し/南北海道 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
札幌地区では、初の夏の甲子園大会出場を狙う札幌日大が、9-2の7回コールドで、昨秋の全道大会準優勝の東海大札幌を下し、4年連続17度目の南大会出場を決めた。左… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント