夏の高校野球・兵庫大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度A

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球兵庫大会の注目選手です。プロ注目の投手が大勢おり、ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

注目選手

神戸弘陵の右腕・村上泰斗投手が大きく成長した。バネのある体から152キロの速球を投げ、スライダー、カーブ、ツーシーム、フォークなども使えるようになって、まっすぐの威力が真に発揮されるようになってきた。ドラフト会議では1位に入ってくる可能性もある。

報徳学園の今朝丸裕喜投手も187cmから151キロを記録。センバツでは力と安定感のある投球をみせ、冬の成長も確認できた。ドラフト1位に向けては更に的なピッチングが見られると良いが、現時点でも十分評価できる。

神戸国際大付の津嘉山憲志郎投手は1年時からすでにエース格の投球をして148キロの速球を投げていた。ストレートの角度、低めへのコントロール、変化球の質、スタミナなどどれをとっても一級品だったが、右肘のコンディション不良により2年秋から登板ができていない。素質は十分だけにこの夏に一目でもみたい所はあるが、素質を評価して指名の可能性も考えられる。

須磨翔風の槙野遥斗投手も183cm85kgのバランスの良いフォームから、ストレートは143キロを記録し、キレのよいスライダーを投げる。素質は高く評価されており、指名がありそうだ。

滝川高の中村俊瑛選手は182cm82kgの内野手で、高校通算32本塁打の長打力に50m6.0秒で走れる足があり、どこでも守れる器用さも兼ね備える。2年生の新井瑛太投手が2年で150キロを記録しており、制球力が上がってくれば来年注目の投手。

その他の選手

報徳学園の間木歩投手も180cm81kgの右腕で144キロを記録し、普通に注目レベルの投手。西田健翔投手も145キロを記録する。ショートの西村大和選手は体もある遊撃手で、肩の強さと足は将来が楽しみ。俊足の福留希空選手に安井康起選手、齋藤佑征選手などの主軸、そして2年生で急成長の遊撃手・橋本友樹選手などセンバツ準優勝のチームだけに素質高い。

東洋大姫路は2年生のエース・阪下漣投手が182cmから142キロを記録し、3年の中島賢也投手が背番号10を着けて145キロの球をなげていた。報徳学園を相手に9回13奪三振1失点の投球をしており注目。城下雄飛投手は187cmの大型2年生右腕。サードの露本一惺選手の長打力が素晴らしく、低反発バットで柵越えを連発する。

神戸国際大付は2年の山本真生投手がエースを務め、142キロの力のある球は県屈指の投手に。

須磨翔風は2年生の堀航太選手が、俊足の外野手としてすでに注目されている。

明石商は3年の森井結志投手が140キロ近い球を投げ、2年生右腕・横山康瑛投手は130キロ中盤の球を投げる。また2年生左腕の石原大暉投手もキレの良い球が魅力。来田遥斗選手など打線が奮起できるか。

社の西垣琉空捕手はセカンド送球が注目される強肩。神戸弘陵の藤本康生選手も長打力が評価される。甲南高の衣斐一樹選手が俊足巧打の外野手で熊谷心太選手もチャンスに強い打撃をみせる。赤穂高の原田燎選手は強打の捕手で、須磨翔風の槙野投手から鋭い三塁打を放った。

滝川二は田上空芽投手が145キロを記録し、左腕・郷原謙投手も成長が待たれる。姫路西の渡辺照英投手も175cmの右腕で145キロの速球を投げ、注目するスカウトもいる。御影の鷲尾大和投手も伸びのあるストレートで須磨翔風の槙野投手と互角の投球を見せた。

学力で実績のある神戸高校は170cm左腕の舩見将太投手が140キロの速球を投げ、小学校時代にはオリックスジュニアでプレーをしている。星陵の山端倫太朗投手は173cm右腕で130キロ中盤を記録、スライダーが良い。

東播磨は2年の恋田涼雅投手が投手としても力のある球を投げ、打撃でも広角に長打を打てる。1年の藤田大地投手も185cmの長身右腕で練習試合で好投を見せた。

2024年度以降-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント