夏の高校野球・山梨大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球山梨大会の注目選手です。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

駿台甲府の井上和輝選手は183cm94kgの大型捕手でパワフルな打撃にプロが注目している。

身延の望月竜彦選手も鋭い当たりを連発する強打者で、プロのスカウトが注目している。

東海大甲府の2年生左腕・鈴木蓮吾投手は173cmと体はまだ大きくないが、最速149キロを記録して注目されている。

その他の選手

山梨学院の櫻田隆誠投手などがエースとして柱となっている。先発でもリリーフでもチームの勝利に貢献できる投球ができる。また2年生左腕の津島悠翔投手もセンバツでの好投をベースに成長を見せており、140キロ右腕の2年生・大友陸投手なども期待され、2年生捕手の横山悠選手がリードする。打線は昨年ほどのスケールは無いものの、黒澤后琉選手、二村仁功選手などスピードのある選手と中原義虎選手や2年の梅村団選手などチャンスに強いスラッガーがならびどこからでも点が奪える。

東海大甲府は昨夏の甲子園で4番を打った岡田翔豪選手が打撃の技術の高さを見せる。182cmの3年生右腕・樋口漣投手は角度のある球を低めに投げる。

帝京三は橋本建投手が176cm90kgの体格で130キロ中盤の球を投げる。コンパクトなフォームから変化球も多彩。三塁手の入谷燈莉選手は180cm81kgの右の強打者。

日川は鈴木洋佑投手が130キロ中盤の球を投げる投手で、捕手の川崎聖弥選手も素晴らしい送球を見せる。

甲府第一は182cmの仙洞田豪投手が130キロ中盤の球を投げ、4番打者としても県屈指のスラッガー。望月駿平選手は強肩の三塁手で、投手としても力を見せる。

日本航空は小林幹汰選手が春に全試合で安打を打ち3本塁打を記録した。守備でも軽快な動きを見せる。柳澤拓輝投手は168cm64kgと体は大きくないが130キロ後半のキレの良いたまを投げる。

甲府工業は小山田光輝投手が182cmの左腕で130キロ後半の速球を投げる。吉田高の熊谷凌太投手も130キロ中盤のストレートを投げ、キレの良いスライダーで三振を奪う。都留興譲館の谷内力斗投手も130キロ中盤を記録、

山梨学院は194cm100kgのスラッガー・菰田陽生選手が春に4番でデビューしており、駿台甲府も1年の河崎大典投手が190cmの右腕で春にデビューしている。

2024年度以降-高校生-山梨県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント

  1. >東海大甲府の2年生左腕・鈴木蓮吾投手は173cmと体はまだ大きくないが、最速149キロを記録して注目されている。

    東海大甲府の鈴木蓮吾投手は、この夏はベンチ入り登録されていません。