大阪桐蔭、2年生・森友哉捕手が3安打!田端良基選手、笠松悠哉選手がホームラン!

大阪桐蔭, 田端良基, 森友哉, 笠松悠哉

 大阪桐蔭は藤浪晋太郎投手だけではない。2年生捕手で1番バッターも勤める森友哉選手は1回先頭打者でライトに2ベースヒットを放ち先制のホームを踏むと、2回にはレフトに2ベースを放つなど3安打を記録した。リードでも球が荒れた藤浪晋太郎投手を好リードしチームを勝利に導いた。打てて走れて守れる森友哉捕手は来年高い評価を受けてプロ入りすることになりそうだ。

 5回には同じく2年生の三塁手・笠松悠哉選手がレフトスタンドへホームランを放つなどこちらも4打数3安打を記録した。笠松選手は選抜でも2本のホームランを放っており、甲子園通算3本となった。大舞台で長打を放つ所にも魅力を感じる。

 3年生も負けていない。4番の田端良基選手も6回にレフトスタンドにホームランを放った。センバツでは初戦で大谷翔平投手から死球を受けて骨折してしまい、チームは優勝したものの悔しいを思いをしていた。大阪大会では決勝の履正社戦でホームランを放つなどケガからは完全に復活しており、この夏、何本ホームランを放つのか楽しみだ。


PAGE TOP