2014年春季高校野球中国大会の対戦カードと注目選手一覧

高校野球ドラフトニュース 高校野球大会

5月31日から開催される、春季高校野球中国大会の対戦カードとカード毎の注目選手をまとめました。広島からは広陵高校、広島工などが出場、この2チームは今年のドラフト1位候補として注目されている、早稲田大・有原航平投手、法政大・石田健大投手の出身校、石田投手は3年春の大会で一気にブレークしています。

この他の注目の選手や情報の修正があればお寄せください。よろしくおねがいします!

31日 三次きんさいスタジアム(第1試合)

市立呉(広島4位) 関西(岡山1位)
      土井慎ニ
3年
181cm
71kg
右左
昨秋は4番に座り逆方向への打撃も巧みB
      逢沢峻介
3年
174cm
64kg
左左
左の俊足の選手C
      小郷裕哉
3年
右左足が速く投手のモーションを盗むのがとてもうまくよく打つ将来性十分C

 

31日 三次きんさいスタジアム(第2試合)

広陵(広島1位) 鳥取西(鳥取2位)
喜多真吾
2年 内
182cm
82kg
右左
走攻守揃った選手で特に守備ではショートはズバ抜けたセンスの持ち主、ホームランも打てるB     
生島忠佑
3年 投
185cm
82kg
右右
141km/hながら角度と勢いがあり重いストレートを投げる力がある投手B     
古賀尊
3年 投
176cm
72kg
右左
145km/hを投げる。コントロールはまだまだだが球に伸びがありストレートでも空振りが取れるB     
林拓真
3年 内
174cm
68kg
左左
コンパクトなバッティングが持ち味 選抜では安楽投手から内野安打B     
廣兼吾郷
3年 投内外
176cm
72kg
右右
俊足・強肩の身体能力が高い選手! 投走攻守四拍子揃っている、投げても142km/hB     

 

31日 三次きんさいスタジアム(第3試合)

広島工(広島2位) 開星(島根1位)
      恩田和季
3年 投
184cm
86kg
右右
 高校入学後、1年で13kg体重を増やすなどパワーアップを計り、ストレートは140km/hB
      黒田雅也
3年 外
177cm
70kg
右左
開星高校で1年春から1番を打つセンス抜群の外野手!B

 

31日 三次きんさいスタジアム(第4試合)

如水館(広島3位) 岩国商(山口1位)
枝広圭太
2年 外
171cm
68kg
右右
センス抜群で能力が高い選手!C     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント