小園と藤原が一緒に元旦から練習、年末年始には一緒に温泉旅行

小園海斗, 藤原恭大

広島ドラフト1位の小園海斗選手と、千葉ロッテドラフト1位の藤原恭大選手が、毎年、年末年始には家族ぐるみで温泉旅行に行っていることが分かった。

バッティングセンターで始動

小園選手と藤原選手は、中学時代に枚方ボーイズでチームメイト、藤原、小園の1,2番を形成していた。藤原選手は「小園とは親同士も仲がいい。年末年始には毎年のように一緒に温泉旅行に行きますよ」と話し、チームが別々になった高校時代も、年末年始は家族ぐるみで温泉旅行に行っていると話した。

旅行では温泉でゆったり過ごすだけではなく、一緒にバッティングセンターに行きます。初打ちですね」と話し、元旦から打撃練習をしていたという。藤原選手も小園選手も、それぞれの新入団発表の時もバットを持参し、時間がある時に屋外で素振りをしていたが、温泉旅行でもバットを振っている。

来年はまた別のチームになる。しかし、このイベントだけは続けていきたいと話しており、自主トレという名目で今後も二人は一緒に練習をしていくことになりそうだ。

U18では再びチームメイトとなった二人、今度、一緒にチームになるのは侍ジャパンのトップチームという事になりそうだ。二人でそろって世界一に輝くことができれば、世界一の温泉旅行という事になる。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

「小園とは親同士も仲がいい。年末年始には毎年のように一緒に温泉旅行に行きますよ」。枚方ボーイズ時代のチームメート。高校は別になったが、このイベントだけは続けてきたという。一緒に過ごすだけではなく、2人で始動する予定で「(旅先では)一緒にバッティングセンターに行きます。初打ちですね」と話していた。


PAGE TOP