JR東日本、吉田一将投手がリリーフし都市対抗出場を決める

吉田一将, JR東日本

 都市対抗野球東京2次予選第3代表決定戦のJR東日本vs鷺宮製作所でJR東日本は片山投手が9回2アウトまで無失点に抑えるも2アウト2塁のピンチを迎えると、ドラフト候補の吉田一将投手が登板し、ライトフライに打ちとって1-0で勝利を決めた。

 昨年の準優勝チームで今年も岡山大会で優勝するなど強さを見せていたJR東日本だが、東京予選ではセガサミーの浦野博司投手に2度敗れるなど苦しんだ。しかし、同じくドラフト候補の田中広輔選手や新人の岩澤寿和選手など選手層は厚く都市対抗出場を決めた。

 吉田投手は昨日のセガサミー戦で5回1/3を投げて4安打6奪三振も2失点で降板、その前の明治安田生命戦では1回1/3で3安打を打たれて降板した。昨年の日本選手権決勝のJX-ENEOS戦で5回2/3で7安打4失点してから、今年も150km/hの速球で投球の内容は良いものの、先発でキッチリ無失点で抑えるという内容が少なく本調子という状態ではない。

 先発での連投は無く、リリーフで自信をつけさせるなど大切に扱われている印象で、パナソニックの秋吉亮投手やセガサミーの浦野博司投手が連投しているのとは対照的。プロ野球でや素晴らしい球を持ちながらも精神的な面から失点を重ねる選手も多い。吉田投手は大学でも活躍している期間が短く、その点がプロ入り後に気になる点である。

 都市対抗本戦ではこれぞ吉田一将という投球を見せて、その面の不安を払拭して欲しい。

 またJR東日本では白崎勇気投手もドラフト候補だが今年は投げていない。調子が悪いのかケガなのか気になる。

JR東日本が第3代表、吉田リベンジ  - ニッカンスポーツ紙面:2013/6/4

 


PAGE TOP