JR東日本、関谷亮太投手が1回2/3で5安打3失点ノックアウト

社会人野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 今年の社会人注目右腕、JR東日本の関谷亮太投手がJFE東日本戦で先発したものの、2回までに5安打を許して3失点し、マウンドを降りた。昨年秋の日本選手権と同じようなピッチングをしてしまった。

社会人注目右腕

 関谷亮太投手は先日の横浜DeNA2軍とのプロアマ交流戦では、5回を投げて8奪三振無失点と好投を見せていたが、この日は初回から1失点すると、2回は2失点して途中で降板し、1回2/3を5安打3失点という内容で、今季公式戦初戦は苦いマウンドとなった。

 関谷亮太投手は明治大では2年目までは未勝利だったが、3年生になってから先発として起用されると、4年春には角度を付けたストレートのキレが増し、3勝1敗を挙げて注目されると、日米大学野球でも先発の柱として活躍を見せた。

 急に評価を挙げたものの既に進路は決めておりプロ志望をはせずにJR東日本入りし、1年目のエース格として登板していた。しかし昨年秋の日本選手権では、初戦のJR九州戦で1回1/3で降板するなど良い状態とは言えないピッチングだった。

 プロ入りにはタイミングというものもあり、状態の良い時期が例えばドラフト直前だったり、その時期が短かったりすると、スカウトも実力を認めながらも指名できずに、結局プロ入りできなかった選手も多い。関谷選手は、独特なフォームもあり、活躍の時期がまだ短い事からスカウトも判断しづらい。

 

JFE東日本・内藤大樹選手が5打数4安打4打点

 JFE東日本は3番に入った3年目の内藤大樹選手が、5打数4安打4打点の活躍を見せた。千葉経大付では投手も経験しており強肩外野手として注目されている。また身長は172cmと小柄だが、青山学院大時代は1シーズン3本塁打など強い打撃もある選手。期待したい。

 また昨年のこの大会でルーキーで大活躍を見せた小峰弘樹選手は4番サードで出場し4打数1安打1打点、昨年、明治大でドラフト候補だったルーキーの中嶋啓喜選手は1番センターで出場したものの2打数ノーヒットで途中交代した。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JFE東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 3番・内藤が4安打4打点と爆発。2回2死満塁では右翼線へ2点適時打で、ドラフト候補右腕の関谷をKOした。青学大から入団3年目の好打者は「チャンスでは当てる打撃ではなく、しっかりスイングしようと心掛けた」と手応え。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント